「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

『スッキリ』水卜麻美、お菓子を床に落とし… 「直後の行動」に騒然

2019/7/16 16:01 しらべぇ

16日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)にて、同局の水卜麻美アナウンサーが、紹介したお菓子を床に落としてしまうアクシデントが発生。「食べることが好き」なことで知られる水卜アナのとっさの言動に、視聴者から大反響が寄せられている。

 

■八村塁選手で話題の『白えびビーバー』

番組では、NBA・ウィザーズの八村塁選手が、チームメイトと打ち解けるきっかけとなった「白えびビーバー」という揚げあられを紹介。チームメイトがインスタグラムに投稿した動画が話題となり、現在入手困難な状況に陥っているという。

スタジオで試食したハリセンボン・近藤春菜は「美味しい~! 白エビの甘みを感じます」と絶賛。加藤浩次も「美味しい!」と感嘆の声をあげた。

『白えびビーバー』は、石川県の北陸製菓が1970年から販売しているロングセラー商品で、現在は北陸地方のみで販売されているという。

 

■床に落とし「私が食べます」

水卜アナは、『ビーバー』という商品名の由来について「1970年の大阪万博のカナダ館で展示されていたビーバー人形の歯と、お菓子を2つ並べた様子が似ているから…っていうことだそうです」と説明。

白えびビーバーを2つ手に取り、並べた様子をカメラに見せようとしたところ、1つを床に落としてしまう。水卜アナは慌てて拾うと「これ私が食べます、私が後ほど…」と、拾ったお菓子を後ろ手で隠す対応を取った。

■「和んだ」「そこまで…」

この光景に、食を愛する水卜アナのイメージやキャラクターと相まって「和んだ」「笑った」という声が続出。

「水卜ちゃんがお菓子落として、『これ私が食べます!』ってちょっと焦りながらコメントしていたのに朝から萌えた」

 

「水卜ちゃんに朝から和んだわ…」

 

一方で、些細なことを指摘されてしまう昨今の風潮を踏まえ、複雑な感想をつぶやくユーザーも。

「水卜アナがお菓子落として、これは私があとで食べますって言ってたんだけど、そこまで言わないといけないの? テレビって」

 

「落ちたもの、食べちゃダメだよ…でもそう言わせるのは、頭の悪い視聴者が『食い物を粗末にしやがって!』と言い続けてきた結果。異常だよ」

 

■落ちた食べ物、3秒以内ならセーフ?

床に落としてしまった食べ物をその後どうするかについては、その場の状況や個人の感覚によって変わってくるだろう。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,365名を対象に実施した調査では、各年代とも2割~3割程度の人が「食べ物が落ちても3秒以内なら大丈夫だと思う」と回答している。

3秒ルールを信じている人グラフ

性・年代別に見て見ると、40代女性は5割弱という非常に高い割合に。

彼女のキャラクターから考えると和やかなアクシデントと思えるのだが、些細なことを厳しく指摘しすぎる風潮についても、考えさせられる出来事と言えるだろう。

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント12

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ