「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

知的なユーモアが話せる人は素敵? 年齢とともに嗜好が変化する傾向に…

2019/7/16 08:21 しらべぇ

(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです) (itakayuki/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

人を惹きつける要素の一つがユーモアセンス。出川哲朗のように体を張った笑いも魅力だが、林修先生の得意な「教養を感じる笑い」に憧れる人も多いのでは。果たして知的なユーモアに魅力を感じる人はどれくらいいるのだろうか。

 

■ センスが重要なユーモア

しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1,721名を対象に調査したところ、「知的なユーモアを話せる人は素敵だと思う」と答えた人は全体の65.0%と判明。多数の人が魅力に感じていることが分かった。

ユーモア

性別ごとの調査結果を見ると男性が62.5%で、女性は67.2%となった。女性の方が憧れを抱きやすい傾向にあるようだ。

 

■年をとると憧れが強くなる?

男性の回答結果を見ると10代は59.0%が憧れを抱いているが、20代は47.3%に減少。30代男性は58.2%となっているので、男性にとって20代はユーモアに懐疑的な時期なのかもしれない。

ユーモア

もっとも割合が高いのは40代女性の74.8%だが、男女ともに50代以降も高い数字となっている。

 

■ユーモアが好きな地方は…

エリアごとの結果では、北陸地方と北関東地方が55.9%でもっとも低くなった。最多は甲信越地方の79.7%で、時点は東海地方の71.6%。林先生は愛知県・名古屋市の出身なので、東海地方はユーモアと関連が深い土地なのかもしれない。

ユーモア

会話の節々に自然なユーモアを混ぜるのがスマートなトーク術。知識を押し付けるような話し方にならないように、気をつけよう。

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ