「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

コスパ最高!「鳥貴族」で一番好きなメニューは?

2019/7/15 16:30 日刊大衆

 フード、ドリンクともに289円均一(税抜)で大人気の焼き鳥チェーン『鳥貴族』。大阪市浪波区に本社を構え、大阪、東京、兵庫、京都、奈良、千葉と店舗出店を拡大。2019年5月末現在、店舗数は659にものぼる。

 “トリキ”の愛称で親しまれる鳥貴族の人気の秘密は、価格だけではない。フードメニューで使用する生鮮食品、加工食品といった食材すべてが国産。独自の品質管理基準で、安心安全。焼鳥屋というとおじさんのたまり場のイメージだが、“トリキ”は清潔な店舗で、子ども連れのファミリー層や、ママ友会、女子会に使われることも多い。また、最近はやりの“おひとり様”飲みも気軽にできると人気だ。

 今回は、都内在住のグルメな20~50代の男女200人に「鳥貴族の一番好きなメニュー」についてアンケート。みんなが好きなメニューは?

 第3位には、同率で「砂ずり(砂肝)」と「ポテトフライ」が選ばれた。

 関西では砂ずり、関東では砂肝と呼ばれる部位。コリコリした食感で、噛むと独特の弾力が楽しめる。オリジナルブレンドの塩がおいしさを引き立てている。

 子どもにも大人にも人気のポテトフライは、意外とお酒のおつまみにもぴったり。鳥貴族では自然な甘みの国産じゃがいもを使用し、歯ざわりはほっこり、なめらか。バターソースやケチャップも用意されていて、味変も楽しめる。

 第2位は、焼き鳥メニューから「三角(ぼんじり)」がランクイン。

 ぼんじりは鶏の尻尾あたりの肉で、1羽から少量しかとれない希少な部位で、焼鳥屋や鶏肉専門店でしか食べられないことが多い。鶏肉では最も脂がのっていて、口中に広がるコクと旨味が人気。

■やっぱり定番のたれ味が上位に!

 そして第1位は、“トリキ”の看板メニューでもある「もも貴族焼き」のたれ味だった。

 これはいわゆる「ねぎま」のことで、もも肉とネギの絶妙なハーモニーがたまらない。鳥貴族の焼き鳥はサイズも大きく、食べごたえは抜群。なお、もも貴族焼きには塩味とスパイス味もあるが、たれ味がダントツの支持を集めていた。鳥貴族のたれは、鶏を丸ごとふんだんに使い、野菜や果物と一緒にじっくり煮込んだ“秘伝のたれ”が使われている。

 以上が“トリキ”の好きなメニュートップ4。定番中の定番ともいえるたれ味の焼き鳥が堂々のトップという納得の結果だった。上位ではポテトフライ以外、「かわ塩」「手羽先」「つくね」系など、定番の焼き鳥メニューに多くの票が集まっていた。今夜は、鳥貴族で、一杯いってみる?

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント7

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ