「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

たけのこ(40歳)を記念して、チーズ感あふれるタピオカブームのきっかけとなったスイーツをトリビュート!『たけのこの里 ティラミス味』

2019/7/15 09:00 おためし新商品ナビ

たけのこ(40歳)を記念して、チーズ感あふれるタピオカブームのきっかけとなったスイーツをトリビュート!『たけのこの里 ティラミス味』 たけのこ(40歳)を記念して、チーズ感あふれるタピオカブームのきっかけとなったスイーツをトリビュート!『たけのこの里 ティラミス味』

 

人間だったら中高年の仲間入り。1975年9月誕生の「きのこの山」の兄弟商品として1979年8月に誕生した「たけのこの里」も今年で40周年を迎えた。そこで人気デザートの味をイメージした「アニバーサリーデザートシリーズ」が開幕。その第1弾となるのが『たけのこの里 ティラミス味』だ。

 

タピオカミルクティーブームの源流にはティラミスの存在があったのです

目下嵐のようなブームを呼んでいるタピオカミルクティー。実はティラミスとタピオカはまったく無縁というわけではない。1990年頃からイタリアンレストランのデザートとして注目を浴びたティラミスが大ブームとなる。

おためし新商品ナビ

40年前の姿

 

空前のブームではあったけれど、やはり流行というのは終わるもの。そこでその後釜を狙って新デザートとして90年代前半に仕掛けられたのが、タピオカだったのだ。その当時はココナッツミルクに浮かべて食べる、今でいうチアシードくらいの大きさの透明な粒だった。

おためし新商品ナビ

40歳になりました

つまりティラミスなくしてタピオカ、ひいてはタピオカミルクティーの大ブームはなかったということになる。

 

 

そんなタピオカのお兄さん的な存在のティラミス。使われているのがマスカルポーネというチーズであり、ココアパウダーとコーヒーパウダーを振りかけて完成する濃厚味が画期的なスイーツだった。

 

 

それまでの濃厚デザートは、生クリームが限界。そこにまったり感炸裂のマスカルポーネチーズを甘くしたそのティラミスは、まさに新食感であり、一気に大ブームとなった。今でもその人気は健在で、定番スイーツの1つとして愛され続けている。

おためし新商品ナビ

そんなティラミスを題材に作られたのが、明治『たけのこの里 ティラミス味』(61g・希望小売価格 税抜200円・2019年6月18日発売)。ティラミスしているのはトップのミルクチョコレートの下、プレーンクッキーの上に挿入されたティラミスチョコレートの部分である。

おためし新商品ナビ

そのチョコレートがココアパウダーの役目を果たし、さらにコーヒー味で仕上げてティラミスの味に仕立てたという。では、食べてみよう。

おためし新商品ナビ

ティラミスの味と言えば、硬めの生クリームのような感覚で、食べるとふわりとチーズの風味がして、しっかりした甘さが広がり、ココア感の後にコーヒーの苦味が置き土産のように舌に残るのが特徴だが、それを「たけのこの里」でどう表現するというのか。

 

 

コロコロしたたけのこは、チョコレート部分がバイカラーになっているくらいで、さほど変わった様子はない。でも鼻を近づけるとかなりのチーズ臭。おお。

おためし新商品ナビ

口に入れるとチョコレートの甘味がまずやってきて、すかさずチーズ感が広がった。ココア風味がやってきたと思ったら、サクサクと崩れるクッキー。相性抜群。これは美味しい。しかも飲み込んだ後にしっかりコーヒーの苦味がピリリと残る。

 

おためし新商品ナビ

完成度の高い、ティラミスの味をしたたけのこ。これはティラミスファンなら一度は食べておきたい。

 

 

入手は全国のスーパー、コンビニエンスストアなどで可能だ。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント6

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ