「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

「家に帰さないで!」 懇願むなしく親元に戻された4歳児が死亡

2019/7/15 08:01 しらべぇ

(Ranta Images/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです) (Ranta Images/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

4歳の息子を放置しがちで、里親や祖母に世話を任せていた親がいる。そんな親が息子を連れ戻し新生活を始めたが、その子がなんとも不可解な死を遂げた。

 

■親の怠慢と息子の苦境

米カリフォルニア州で暮らしていた4歳の少年は、責任感に欠ける親元では健やかな成長が困難との判断から、赤ちゃんの頃に里親に預けられた。

その後「私に任せてほしい」という曾祖母が少年を引き取ったというが、裁判所は半年後に少年を実の親元に戻したという。しかしその後も両親は変わらず、少年は栄養失調とネグレクトを理由に再び両親から引き離され、里親の元に。

その一方で当局が曾祖母に接触し「もう一度保護者になりませんか」と打診したことで、少年はようやく曾祖母との落ち着いた暮らしを始めることができた。

 

■「お願い、ぼくをおウチに帰さないで」

その後も実の親とは会っていた少年だが、曾祖母に対し「お願い、ぼくをあの人たちに引き渡さないで」と懇願するようになったとのこと。

にもかかわらず当局は再び「実の親元に帰すのが妥当」との判断を下し、少年は昨年11月に親の家に帰ったという。

その後に少年は背中にできたアザを理由に通院したほか、当局には親による虐待を疑う通報が13回もあったという。全てを再度検討した当局は「この子は里子に出すべき」との結論に至ったというが、少年はそのまま両親の家で暮らしていた。

■少年の不可解な死

しかし今月に入り、少年は変わり果てた姿で病院に搬送された。

両親は医師団に説明を求められ「プールで溺死した」と話しているが、遺体に外傷もあったことから、医師団は「極めて疑わしい」との見方を当局に伝えている。だが両親が少年を殺した証拠はなく、両親はまだ逮捕されていない。

 

■親から虐待を受けたことがある人は…

全ての親が子供を愛せるわけではない。

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,328名を対象に調査したところ、およそ8人に1人が「虐待を受けたことがある」と回答している。

「『実の親と暮らすのが一番』とは限らない」「13回も通報があったのに当局は何をしていたんだ」「当局にも非がある」という怒りの声が噴出中で、少年の死を多くの人が悼んでいる。

(文/しらべぇ編集部・マローン小原)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント5

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ