「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

BUCK-TICKにSOFT BALLET、平沢進まで! 第3期BiS マナコ・チー・マナコの音楽嗜好がアラフォーバンギャの心を揺さぶる

2019/7/15 11:30 Pop’n’Roll

マナコ・チー・マナコ 公式Twitterより マナコ・チー・マナコ 公式Twitterより

今年6月11日にお披露目となった第3期BiS。応募総数2,000人を超える候補者の中から選ばれた、イトー・ムセンシティ部、チャントモンキー、ネオ・トゥリーズ、トギー、マナコ・チー・マナコの5名で構成。8月14日にフルアルバム『Brand-new idol Society』でのデビューが決定しているものの、現在公開されているメンバーのビジュアルは赤目に鼻血の謎めいた形相である。それぞれのTwitterアカウントのフォロワーが1万5000人を超えれば、素顔が公開されるという。

そうした中、一部音楽ファンの中で話題になっているのが、メンバーの1人、マナコ・チー・マナコだ。彼女のTwitterアカウントにて日々投下されている「#血眼脳内妄想セトリ」とタグ付けされたオリジナルプレイリストを中心に、その音楽嗜好に注目が集まっている。

ん? 虜(DIR EN GREYファンの俗称)かな? バンギャなのかな?(「逆上堪能ケロイドミルク」(2001年)はDIR EN GREYの楽曲)

DIR EN GREYにBullet for My Valentine……うん、これは筋金入りのヘヴィロックの虜だなっ! それにしてもNoGoDの幻のインディーズ盤『黒布教』(2006年)から「激烈叫喚乱痴気教」を選ぶとはなかなか。この曲、ライブで団長と一緒にハート作って踊るの楽しいんだよね。それとギルガメ(Girugamesh)の「遮断」(2006年)か! やっぱ黒スーツで硬派にキメ込んでた初期は格別だよね。手を差し伸べる君はもう居ないから……。

おう、LUNA SEA「LOVELESS」(1994年)のベース、カッコいいよね。杉様(SUGIZO)のフレットレスギターじゃなくて、Jのベースラインに耳がいくとはいい感性してる! それに数多いBUCK-TICK曲の中から隠れざる名曲「GLAMOROUS」(2000年)を選ぶなんて、お若いのになかなかシブいですなぁ。え? ソフバ(SOFT BALLET)? しかも「PARADE」(1993年)だと!? 炎の側でぇ〜 豹に跨るぅ〜♫  遠藤(遼一)さんドコー?(涙)

出たー、ツンドラ(BUCK-TICK「夢魔~The Nightmare」(2005年))だぁー!! 魔王さまぁぁぁ!! \(^o^)/ワーレ!!

特撮? 人間椅子? 戸川純に平沢進とか、どこの馬の骨だよ! もう完全に“こっち側”の人間じゃないか! ヨングミラーテチーター!

むむむ、毛皮のマリーズにTHE BOHEMIANS…… ギターロック通好みの選曲、恐れ入りました。私も人生複雑骨折、ドラマ型統合失調症、信じてるのはロックンロールだけさ。おい、この子、ちゃんと“わかってる”ぞ!

ギターも弾くのですね……ってなんですか、その貫禄あるテレキャスターは!? それにお召しになってるTシャツはlynch.が2018年3月に幕張メッセで開催した<13th ANNIVERSARY –Xlll GALLOWS- [THE FIVE BLACKEST CROWS] >のTシャツじゃないですか!

……という、ヴィジュアル系というよりも、アラフォーの黒服直撃世代の心にバシバシと揺さぶりをかけてくる音楽嗜好。年齢は非公開であるものの、これは親の影響なのか、誰の影響なのか、いろいろ妄想が捗るところ。ここに取り上げたのは一部であり、クリープハイプやUNISON SQUARE GARDENなど、今どきのロックキッズらしい面をも見せる「#血眼脳内妄想セトリ」は現在も継続投下中。バンギャやヴィジュアル系ファンはもちろん、ロックファン、サブカル好きをも唸らせる彼女の幅広い音楽嗜好が気になった人は、ぜひマナコ・チー・マナコのTwitterアカウントをチェックしてみてほしい。

そして、これまでも多くのロックファンの心を鷲掴みにしてきたBiSだが、第3期も容赦ない。1期、2期とも異なる、エモーショナルなロックテイスト溢れる楽曲はSoundcloudにて公開されている。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ