「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

【世界の街角】気分はローマ時代へタイムスリップ!世界遺産の町スプリットでローマ宮殿跡の旧市街を歩く

2019/7/13 06:30 GOTRIP! 明日、旅に行きたくなるメディア

【世界の街角】気分はローマ時代へタイムスリップ!世界遺産の町スプリットでローマ宮殿跡の旧市街を歩く 【世界の街角】気分はローマ時代へタイムスリップ!世界遺産の町スプリットでローマ宮殿跡の旧市街を歩く

GOTRIP!

クロアチア第2の都市スプリット。アドリア海に面したプロムナーデには大きなヤシの木が並び、行きかう人々の活気に満ち溢れています。プロムナーデから一歩町の奥に入ると、そこは歴史ある旧市街。スプリットの旧市街はローマ時代の宮殿跡が発展したもので、散策しながらかつての面影をいたるところで見つけることができます。

スプリット旧市街の基となった宮殿を建設したのが、古代ローマ皇帝のディオクレティアヌス。

ここでディオクレティアヌス皇帝について少し説明をしましょう。彼は下層農民の出身でありながら、実力を着々とつけて皇帝の座まで上りつめた人物。自らをジュピター(ローマ神話の最高神)の子と崇め、キリスト教に対する最後かつ最大の迫害を行った事でも知られています。

GOTRIP!

そんなディオクレティアヌス皇帝が皇帝の座を退いたのが305年。彼はその後、晩年を過ごすための宮殿をスプリットに建設しました。この宮殿が、現在のスプリット旧市街の始まりとなります。

GOTRIP!

宮殿の壁がまるで城壁のように町を囲んでいる旧市街。東西南北に「銀の門」、「金の門」、「青銅の門」、「鉄の門」という4つの門があり、中に入るとそれまでの街並みとは一転して歴史情緒あふれる光景が広がります。

GOTRIP!

旧市街で最もにぎわうのが、12本の石柱に囲まれた広場「ペリスティル」。すぐ横には大聖堂がそびえるほか、皇帝の私邸だった建物ともつながっています。昼間の美しさはもちろん、夜も周辺一帯がライトアップされ、神秘的な光景で多くの人々を魅了するのです。

GOTRIP!

皇帝私邸の玄関だった建物内では、運が良ければクラッパという伝統的な男性アカペラ合唱を聞くことができます。伸びやかに響く声を聞きながら美しい広場を眺めれば、とても贅沢で満たされた気持ちになれますよ。

GOTRIP!

ペリスティルからほど近い場所には、皇帝がジュピターを祭るために建てた神殿があります。神殿前にあるスフィンクス像は、彼がエジプト遠征の際に持ち帰ったもの。旧市街のなかに11体あると言われているので、興味のある方は探してみると楽しいかもしれません。

GOTRIP!

歴史あふれる細い道があちこちに張り巡らされ、まるでローマ時代にタイムスリップしたかのよう。旅情あふれる光景が続き、道に迷うことさえ楽しくなるほどです。

GOTRIP!

町の中心にあるナロドニ広場は、ローマ時代というよりも中世の趣。ヴェネチア統治時代に町の政治の中心出会った場所には、カフェやレストランが並びます。

GOTRIP!

広場の隅には美しい時計塔が立ち、ひっそりと時を刻み続けています。

時間に余裕があれば、町から少し外れた場所にある「マルヤンの丘」にも登ってみましょう。アドリア海に臨む旧市街を一望でき、絶景スポットとしても人気の場所です。

ローマ皇帝の宮殿跡が発展して今の姿となったスプリットの旧市街。色々な場所を巡りながら、つかの間のタイムスリップを楽しんでみてください。

GOTRIP!

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ