「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

高齢者とペットの問題、外国のアイデアを見てみよう

2019/7/13 13:00 わんちゃんホンポ

高齢者がペットを飼うメリットとデメリット

小型犬を抱く年配の女性

先ごろ、オランダのオープン・ユニバーシティの心理学および人類学の研究者が、高齢者が犬や猫を飼うことで得られるメリットを見直すとともに、リスクと今後の課題についてのレポートを発表しました。

一般的に高齢の方は、社会的なネットワークが小さくなっていきがちです。ペットを飼うことで散歩や動物病院に行くようになり、社会との接点が増え孤独感を減らすことができるのは大きなメリットです。

高齢者に限らず、ペットを撫でることで血圧が下がったり、愛情ホルモンと呼ばれるオキシトシンが分泌されて精神が安定したりするなどのメリットも以前から言われています。世話をする対象がいることで生まれる精神的な張り合いは、ペットから得られるサポートのひとつです。

しかし、当然ながら飼い主が加齢による衰えのために散歩やケアが疎かになったり、負担になったりというデメリットは動物福祉の面からも無視できません。飼い主が介護施設に入所したり、亡くなられたりしたときに、ペットが残されてしまうという最大のリスクもあります。

リスクやデメリットは決して無視できませんが、研究者は「それでも犬や猫と暮らすことのメリットを高齢者も受けられるようにするには、どうすれば良いだろう」といくつかの事例を紹介しています。

キーになるのは様々なタイプの非営利団体

ハイタッチする高齢の男性と犬

昨年多くのメディアなどで取り上げられた、カリフォルニアの104歳の男性がレスキュー団体から保護犬を引き取りたいと希望したニュースがあります。いくつかの団体は男性の年齢を理由にして譲渡を断ったのですが(無理もないですね)あるレスキュー団体が、譲渡ではなく長期的な一時預かりとして1匹のシニア犬を男性に預けました。

一時預かりとは言っても、この犬は一般への譲渡の対象にはなりません。しかし、犬の所有権は預かっている男性ではなくレスキュー団体のままで、犬の医療などについて責任を持つのも団体です。男性に万が一のことがあった場合は、犬は速やかにレスキュー団体に引き取られます。今の所、男性と犬は一緒に元気に暮らしているそうです。

104歳というお年は驚きですが、このような所有権を移さない一時預かりという方法は、レスキュー団体がしっかりしたシステムを提供できるなら、良い解決策の一つと言えるでしょう。また研究者は、高齢者も含む犬の散歩が困難な飼い主のために散歩を引き受けたり、動物病院への運転を引き受けたりするボランティアグループも紹介しています。

オランダのある団体は、ペットを飼っているが昼間は家に誰もいないという家庭とペットを飼っていない高齢者をマッチングして、ペットシッターを依頼している例もあります。リタイア後の高齢の方にとって、動物とのふれあいだけでなく誰かに助けを提供できるというのは精神的に大きなサポートになります。

このように、いろいろなタイプの非営利団体がコーディネートすることで、人間とペットの両方にとって良い環境を作ることもできるということです。

それぞれの環境や背景をよく考えて

犬とハイキングするシニアのカップル

このように、研究者はレポートの中でいくつかの解決策を提案しています。しかし、一口に「高齢者」と言っても60代の方と70代の方では体力なども大きく違います。同じ年代であっても個人差や持病の有無などでも背景は大きく変わります。住居や同居の家族、近所のとの付き合いなどの環境もそれぞれに違います。

研究者は、このようなそれぞれの環境や背景の違いをよく考えて、一人一人が自分自身とペットのためにメリットとデメリットを比較検討しなければならないと結論づけています。

日本の動物保護団体などは年齢で完全に断られてしまうことも多いと聞きます。もちろん犬や猫の幸せを思ってのことですから、それは仕方のないことです。ボランティアに携わる人が少ないために人手が足りなくて、外国のような解決策は不可能という場合も多いでしょう。けれども、こんな例もあると知ることで少しずつ環境が変わっていくと良いなあと思います。

まとめ

犬と肩を組むシニアのカップルの後ろ姿

オランダの心理学/人類学の研究者が発表した、高齢者とペットの問題のメリット、デメリット、解決策などのレポートをご紹介しました。

犬や猫と暮らすことの素晴らしさはみなさんもご存じの通りです。年を取ったときにも、いろいろな形で動物との暮らしの可能性がある社会は素敵だなと思います。

《参考URL》
https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/08927936.2019.1569907
https://www.psychologytoday.com/us/blog/fellow-creatures/201906/the-challenges-and-benefits-pet-ownership-seniors

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント7

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ