「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

「センターの自分が頑張らないと」阿久津仁愛の“テニミュ”愛

2019/7/13 19:00 anan総研

「センターの自分が頑張らないと」阿久津仁愛の“テニミュ”愛 「センターの自分が頑張らないと」阿久津仁愛の“テニミュ”愛

「舞台で演じている時は気にしたことのなかった細かな表情の変化や瞬きひとつで、読み取られる感情が変わってしまうのが映像の難しさ。最近は、いろんなドラマを勉強する気持ちで観るようになりました」ananweb 編集部

初のドラマ出演作『俺のスカート、どこ行った?』を終えたばかり阿久津仁愛さん。次に控えるのは、’16年より主人公・越前リョーマを演じ続け「ホームに戻ってきた安心感がある」と話すミュージカル『テニスの王子様』(通称・テニミュ)。

「今回の全国大会 立海公演は前後編で描かれることになります。前編のキャストは、全員が一度舞台に立っているメンバーなので、いままでよりいいものになるのではと期待しているんです。進化していなきゃというプレッシャーもありますが、いまは楽しみの方が大きいですね」

リョーマを擁する青春学園を軸に、公演ごとにさまざまなライバル校との対戦を描いてきたテニミュ。これから始まる全国大会決勝は、3rdシーズンのクライマックス。これまででとくに印象的だったシーンを振り返ってもらうと、全国大会の氷帝公演(’18年)を挙げてくれた。

「関東大会の氷帝公演は、まだ僕は観客として観ていたんですよね。だから全国大会で、あの氷帝学園と戦えていることに感動したし、リョーマとして負けたくない気持ちが強かった気がします。とくに三浦宏規くん演じる跡部との試合シーンでは、動線も動きも全部決まっているはずなのに、体が勝手に動いているような、本当にボールを追っているような感覚になったのが印象的でした」

リョーマは確かなテニスの実力と自信の持ち主。「共通点は、朝が弱いところくらい」と笑うが、舞台に現れた途端、その気迫や熱量で劇場を制する力は、役にも匹敵する。

「センターに立つ自分が頑張らないと作品が崩れてしまうので、つねに100%以上の力を出すことは意識しています。その時間を本気で楽しんで、がむしゃらにやっている姿が目に見えていたら嬉しいです」

ananweb 編集部

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学vs立海 前編
7月11日(木)~7月21日(日) TOKYO DOME CITY HALL 原作/許斐剛『テニスの王子様』(集英社ジャンプ コミックス刊) 全席指定6000円(税込み) 大阪、愛知、福岡、宮城、東京凱旋公演あり ネルケプランニング TEL 03・3715・5624(月~金曜11:00~18:00)
 ©許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト ©許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会

あくつ・にちか 12月23日生まれ。栃木県出身。ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』に光岡役で出演。8月26・27日にC.I.A. presents「MISSION IN SUMMER 2019」出演予定。

※『anan』2019年7月17日号より。写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・山崎初生 インタビュー、文・望月リサ

(by anan編集部)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ