「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

コナミスポーツクラブのイケメンインストラクターが語る「理想のボディ」の作り方

2019/7/12 17:21 FYTTE

コナミスポーツクラブのイケメンインストラクターが語る「理想のボディ」の作り方 コナミスポーツクラブのイケメンインストラクターが語る「理想のボディ」の作り方

ゴールを設定して邁進する「有言実行」スタイルで理想の体型を実現

富田さん2

インストラクター歴16年の富田さんは、小学生のころはサッカー、中学生から大学生までは陸上競技を続けてきたという、長いスポーツキャリアの持ち主。日々の食事内容を記録する「レコーディング」で摂取カロリーを管理し、歩数計を身につけて毎日1万5000歩は歩くなど、体型管理に高い意識を持っています。

「レコーディングはお客さまにアドバイスするために始めたんです。自分でやったことがないと、おすすめしたくても説得力がないですからね」(富田さん)

これまで自宅で料理をする機会が少なかったそうですが、食事制限についてのメリットとデメリットを自ら知るために、キッチンにも立つようになったそうです。「まずは自分で試してそのよさを確かめてから、お客さまにアドバイスする」という真摯な姿勢を見せる富田さんは、女性、男性、年配の方など、幅広い客層に人気です。

思わず見惚れる引き締まった脚とたくましい胸筋。バランスのとれた筋肉質な体型の富田さんですが、6年前は現在よりも体重が約20kg重かったと話します。

「以前、上司にベンチプレスの大会への出場に誘われてエントリーしたのがきっかけで、定期的にトレーニングをするようになり、当時は特に上半身の筋力アップを重視したトレーニングをしていました。学生時代は陸上部で下半身を鍛えるメニューが主体だったので、その反動があったのかもしれませんね」(富田さん)

しかしその後、「インストラクターの次のステップとして、より多くのお客さまやスタッフにお手本としてもらえるような、バランスのいい体型に調整しよう」と決意。健康的で美しい体を競う「フィットネスコンテスト」への出場もあり、約5年で20kgもの減量に成功したそうです。

大会にエントリーして、筋肉量や体脂肪率を調整するなど、そのストイックさに驚かされますが、「じつは怠け者気質なんですよ」と笑顔を見せます。

「自分は意志も弱いし実行力もないほうだと思います。だからこそ、大会出場を決めるなどして、明確な目標やゴールを設定するんです。そして家族やスタッフ、お客さまなど、周囲の人たちへもあえて公言しておきます(笑)。そうすると『言ったからには結果を出さなきゃ』と、自分への働きかけになりますからね」(富田さん)

パーソナルトレーニングの利用客に対しても「半年後にどうなりたいか」「3か月後に何kg落としたいか」など、一緒に目標を定めて、それに近づくためのセッションを行うと言います。

「自分の『こうなりたい』を周りに知ってもらうことで、それが原動力になって日々の意識改善にもつながると思います」(富田さん)

健康的に長生きするために…トレーニングは生涯続けていきたい「人生」そのもの!

富田さん3

身長が180cmはあるのでは、と思わせるぴしっと上に伸びた美しい立ち姿の富田さんですが、実際の身長は174cm。さらに子どものころから「猫背」を指摘されることが多かったそうです。

「家族や部活のコーチから猫背だと言われてきましたが、自覚がなかったんです」そう話す富田さんが、自分の姿勢の悪さを目の当たりにしたのは大学生のとき。

「陸上部の練習中にランニングフォームを撮影してもらったんです。その動画には走り終えた自分がスタート地点に戻る姿も収められていて…。そのときの姿は『トボトボ』という効果音がついているかのよう(笑)。丸まった背中にショックを感じました」(富田さん)

その後はトレーニング中も姿勢を意識するように。社会人になるころには、無理なくいい姿勢を保てるようになり、悩みだった腰痛もいつの間にかなくなっていたそうです。

「姿勢が悪い人の多くは、筋肉がうまく働いていなかったり、弱かったりすることで、上半身の重みに負けて、体を支えることができなくなってしまうんです。腰周りでコルセットのような役割をする『腹横筋』の働きが悪かったり働くタイミングがずれてしまうと、腰に負担がかかり腰痛の原因にもなります。それを改善するためには、運動する必要があるんです」(富田さん)

自らも大幅な体重コントロールを果たし、猫背と腰痛をトレーンングによって改善させたという富田さんは、スポーツクラブ利用者にとってもよきアドバイザー。富田さんの言葉は、自身が経験したからこその説得性があります。

富田さんお子さんと一緒

2人の男の子の父でもある富田さん。お子さんと一緒に空手教室に通ったり、一緒にサッカーをしたりするなど、休みの日もアクティブです。
「子どもの成長は早く、体力面や体つきもどんどん成長していきますが、まだまだ子どもには負けたくないですね」と、お子さんの成長も、自身の体力維持へのモチベーションにつなげているようです。

富田さん4

「日本は長寿国と言われていますが、私が目標とするのは『健康に生活できる状態で、長生きできる人を増やすこと』です」(富田さん)

トレーニングは生涯続けていくもので、人生そのものだと話す富田さん。そのための健康的な体作りを、まずは自分から、そしてそれをお客さまへ伝えたいと、日々のトレーニングに励んでいます。

■店舗情報
コナミスポーツクラブ 目黒青葉台
東京都目黒区青葉台2-19-10
TEL:0570-000-573(全施設共通)
営業時間:月水木金土 10〜24時、日・祝日 10〜22時
休館日:毎週火曜日、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始等
http://information.konamisportsclub.jp/004446.html

撮影/田辺エリ 取材・文/佐藤有香

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ