「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

CROWN POP 山本花織、女子高生の青春のすれ違いを描いたWEB限定ショートムービー出演!

2019/7/12 15:00 Pop’n’Roll

CROWN POP 山本花織、女子高生の青春のすれ違いを描いたWEB限定ショートムービー出演! CROWN POP 山本花織、女子高生の青春のすれ違いを描いたWEB限定ショートムービー出演!

CROWN POPの山本花織が出演したWEB限定動画「変わらないこと篇」が、7月12日(金)より公開となった。

本動画は、高校進学を機に疎遠になってしまった幼馴染2人を、1つの停電情報と2人の思い出が詰まった駄菓子屋が引き合わせるという、青春時代のむずがゆさを感じさせつつも、どこか懐かしく心温まる内容。

動画に登場する女子高生役には、女優の菊地玲那とCROWN POPの山本花織を起用。動画の楽曲は、ロックバンド・the shes goneの1stミニアルバム収録曲「想いあい」を採用した。

「変わらないこと篇」について

東京電力ホールディングス株式会社では、停電・雨雲・雷雲・地震などをプッシュ通知でお知らせしてくれる公式アプリ『TEPCO速報』が教えてくれたこと、という題材で今まで4本の動画を公開。今回は、その第5弾となる。

制作意図
TEPCO速報の公式サイトで公開されている動画は、単なるアプリの紹介動画ではなく、『TEPCO速報』には、プッシュ通知を受け取るための地域登録を8ヵ所まで登録できて“大切な人を見守れる”という機能がある。

その“大切な人を見守れる”という情緒的価値を表現するという切り口で、この動画シリーズを通してアプリの魅力を伝えている。

なるべくリアリティのある暮らしの中で、この『TEPCO速報』の利用シーンを描くことで、“大切な人を見守れる”という情緒的価値に共感してもらい、アプリへの興味を持ってほしいという想いと、このサービスを提供しているTEPCOへの興味の期待を胸に、動画を制作したという。

ストーリー
学校の帰り道、黒髪の女子高生カホと、派手な見た目のギャルのグループがすれ違う。そのグループの中にいた1人・マユとは、幼馴染で中学まで仲が良かったと振り返るカホ。すれ違った後、カホはシャッターが閉まったお店の前の自動販売機でジュースを買う。“ここでよく待ち合わせしたな”と中学時代を思い出す。

場面は切り替わり、中学時代の暑い夏のとある日が描かれる。2人の待ち合わせ場所はいつだって近所の駄菓子屋さん。仲睦まじい2人の様子を駄菓子屋の店主であるおばあちゃんは、微笑ましく見守る。“ケイコ告られたんだって!”と同級生の恋愛話に花を咲かせ、テンションが上がった2人は告白された同級生のもとに向かおうとします。そんな2人に“カホちゃん! マユちゃん! 今日暑いからね、アイス持ってきな”と、おばあちゃんからアイスの差し入れが。2人も“ありがとう!”と嬉しそう。

海沿いの通学路、学校の屋上、体育館……時には帰り道に喧嘩をして、そのまま駄菓子屋を訪れることも。喧嘩がヒートアップしても、2人の間に入っておばあちゃんがスイカを渡せばすぐ仲直り。

学校でも帰宅後もいつも一緒にいた2人だったが、中学卒業後は別々の高校に進むことに。卒業式の日も駄菓子屋に遊びに行きます。“バイバイ、カホ!”と駄菓子屋で別れた後、もう一度“カホ!”とマユが呼んだ声で、高校生のカホが振り返り現実に戻る。

場面は代わり、雲行きの怪しい空が映し出される。机に突っ伏しながら中学時代を思い出しているカホの部屋の電気が消える。どうやら停電のようだ。すると、カホのスマートフォンにTEPCO速報の停電情報の通知が。停電情報を見たカホは“3丁目まで停電だって”と母親とやり取りしながら、何かを思い出し自転車に乗り走り出す。着いたのは思い出の駄菓子屋さん。1人で暮らす駄菓子屋のおばあちゃんの様子が気になり、会いに来たのだった。

家の裏の物音に気がついたおばあちゃんは、おそるおそるドアを開けると目の前にはカホが。“カホちゃん! 心配して来てくれたの? さっ、入りなさい!”と家の中に招き入れる。案内された部屋の中には、なんとマユの姿が。“えっ、カホ? 久しぶりじゃん!”と驚くマユに“……久しぶり”と気まずそうに返事をするカホ。

“ってか全然変わらないね!”とほほ笑むマユに、カホは“マユは変わったね……”と返し、中学までは仲が良かった2人の間に少しだけ気まずい雰囲気が流れる。そんな中、“おばあちゃん! お土産買ってきたよ。じゃーん! 懐かしいでしょ”とおばあちゃんのために買ったお土産を披露するマユに、“ちょっと待って、ちょっと待って”と焦った様子のカホ。なんと2人が買ったお土産は、“あの夏の日”におばあちゃんがくれたアイスだったのだ。“かぶった……”“え、まじ!?”とやり取りする2人に、おばあちゃんも大爆笑。

おばあちゃんは“おばあちゃんからしたら、あんたらなーんにも変わってないよ”と2人に言う。“いや、変わったよ~! ねぇ、カホ?”と問いかけるマユに“……変わってないね”とカホが答えて、さっきまであったわだかまりが嘘のように、昔の3人の姿がそこにあった。

停電も復旧し、帰宅する2人を見送るおばあちゃん。“じゃあまた連絡するね”とカホと別れる。灯りが戻った街の中を自転車を押しながら歩くカホの表情には、駄菓子屋を訪れる前にはなかった笑顔が戻っていた。

出演者プロフィール

カホ役:菊地玲那(きくち れいな)
生年月日:2001年12月30日
出身地:千葉県
血液型:AB型
特技:バレエ(6年)、剣道(3年)、ギター、ダンス、チアリーディング
■出演作品
第33回サンダンス映画祭 短編部門グランプリ受賞作品『そうして私たちはプールに金魚を、』(2017)
テレビ東京『ピラメキーノ』 / 映画『田園のアリス』 / スチール『代々木ゼミナール(Y-SAPIX)』

菊地玲那

マユ役:山本花織(やまもと かおり)
生年月日:2000年11月7日
出身地:千葉県
血液型:O型
特技:料理、50m走、バスケットボール、口笛、ダンス
CROWN POPメンバーとして活動中!
■出演作品
『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』(2017)/ 『ゴースト・イン・ザ・ジェル』(2017)

山本花織

おばあちゃん役:福井裕子(ふくい ゆうこ)
生年:1951年
出身地:長野県
■出演作品
『監督・ばんざい』 / 『容疑者Xの献身』 / 『悪人』

福井裕子

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ