「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

観ているこちらまでイラッ!M!LK・吉田仁人が最近観た印象に残っている映画BEST3

2019/7/11 12:00 ランキングBOX

観ているこちらまでイラッ!M!LK・吉田仁人が最近観た印象に残っている映画BEST3 観ているこちらまでイラッ!M!LK・吉田仁人が最近観た印象に残っている映画BEST3

シングル「かすかに、君だった。」を7月17日にリリースするM!LK。吉田仁人には、趣味である映画鑑賞の中から、最近観た印象に残っている映画をセレクトしてもらいました!勉強家であり、努力家の彼は「いろいろなものを観て、頭の引き出しを増やしておきたい」と語る。仁人の心を動かした作品、ぜひ、夏休みに観てみてください!

【M!LK サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
7月10日〜17日に掲載されるインタビュー&ランキングの記事下に8つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、17日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

【1位】『Diner ダイナー』

以前ブログにも書きましたが、スクリーンが常に色で溢れていて、とても魅力的な映画でした。藤原竜也さん演じる主人公・ボンベロの魅力的な佇まいやほとばしるエネルギーに、とにかく目を奪われてしまって。映画を観たその足で原作本を買いに行って読んだのですが、殺し屋たちのキャラクターの濃さも世界観も本当に素晴らしいので、原作ファンの方も絶対に魅了されるはずです。そして、これを機に他の蜷川実花監督作品も観てみたい!と思いました。

【2位】『ジョー・ブラックをよろしく』

3時間と少々長めの作品ですが、僕はあっという間に感じました。ブラッド・ピット演じるジョー・ブラックの、“死神”という恐ろしいイメージを覆す無邪気さや清らかさが心に刺さって。家族や恋人への思いやりや愛情に溢れている作品でもあります。どうしてこれが“最低”の映画を選んで表彰するゴールデンラズベリー賞にノミネートされてしまったんだ!?と、僕にとっては本当に謎で。世界はユーモアがあって柔軟でおもしろいですね(笑)。

【3位】『グリーンマイル』

母に勧められて観た、アメリカの刑務所を舞台にひとりの大男、ジョン・コーフィの最期までを描くお話です。彼の周りには救いようのない腐った人間たちがはびこっていて、観ているこちらまでイラッとしてしまうほど。でも、見た目からは想像がつかない純粋さを持っていて人の弱さを知っているジョンに心を奪われるし、看守たちの起こすアクションには救われます。時に胸が苦しくもなりますが、観て良かったと本当に思える作品です。

 

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ