「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

『トイ・ストーリー4』の奥深いストーリーと魅力的なキャラクターを通して、親子が感じたさまざまな想い

2019/7/11 10:00 ママスタセレクト

写真:ママスタセレクト 写真:ママスタセレクト

_MG_6021

ディズニー・ピクサーアニメメーションの中でも、特に子どもたちに人気がある「トイ・ストーリー」シリーズ。最新作の公開を間近に控え、ママスタセレクト独占試写会が都内で開催されました。

 ウッディと仲間たちは手作りおもちゃのフォーキーを探す旅へ

子ども時代の持ち主アンディから新しい持ち主ボニーの元へ来たウッディ。彼は子どものそばにいることがおもちゃの使命だと信じて、ボニーのことも見守ります。幼稚園に行くボニーは途中心が折れそうになりますが、影で見守り支えるウッディのおかげで気を取り直します。そこで一生懸命作ったのが、先割れスプーンとモールでできた手作りおもちゃ、フォーキーです。

彼は自分をゴミだと思い込み、ゴミ箱を目指して逃げ出してしまいますが、ウッディはボニーのためにフォーキーを探す冒険に出ます。その中ではさまざまなおもちゃとの出会いや、シリーズ2まで登場していた仲間ボー・ピープとの運命的な再会もありました。それまでのおしとやかなキャラクターから勇敢な女性に変化していた彼女は、ウッディに大きな影響を与えることに。物語の最後にウッディがした驚くべき決断とは一体何なのでしょうか……?

会場の親子が感じたさまざまな気持ち

_MG_6029

これまでのシリーズ同様、今作でも子どもたちが笑えるシーンが随所に散りばめられていて、会場の子どもたちが声を出して笑う場面がたくさんありました。また、ウッディたち仲間が協力し合うアクションシーンにはドキドキしながら引き込まれ、度々襲ってくるたくさんの障害にも諦めないウッディの姿勢には心を打たれます。物語の結末には大きな決断をするウッディですが、仲間のバズとの絆の深さも感じられる感動のシーンになっていました。今作でも親子が一緒に観て、思いっきり笑って泣ける映画となっています。

会場に来ていた親子の方にも、笑いあり、涙ありそしてキャラクターが魅力的であり、親子で一緒に楽しめる作品だと感想を頂きました。
_MG_6030

『今までのシリーズは全部観てますが、今回もすごく面白かったです。最後のシーンでは驚きましたし、ちょっと切なかったです』


『アンディとウッディの一緒に過ごした思い出のシーンを見るといつも泣けてきます』


『シリーズ1、2でいたボー・ピープが3でいなかったですが、今回の物語でいなかった間のことも分かりました。今までとのキャラクターとは変わっていて面白かったです』


『人への思いやりやモノを大切にすることなど色々学べる親子で楽しめる作品だと思いました』


お子さんにも感想をいただきました。

『ダッキー&バニーのやり取りが面白くて、たくさん笑いました』


『ウッディがフォーキーを何度も追いかけるシーンは、ウッディが大変そうでした』


『ギャビー・ギャビーというお人形にいいところと悪いところがあって、気持ちがよく分かりました』


『おもちゃたちの子どもを想う愛情と、子どもがおもちゃを大切に想う気持ちに感動しました』


一見すると悪役に見えるキャラクターも、過去にあった悲しい出来事のためにそうせざるを得ない理由があり、その気持ちがよく分かると教えてくれた子もいました。

さまざまなキャラクターを通して、子どもたちがたくさんの大切なことを感じ取ることができる『トイ・ストーリー4』。全国公開は7月12日(金)から。ぜひ劇場でお子さんとお楽しみください。
『トイ・ストーリー4』
7月12日(金)全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
取材、文・山内ウェンディ

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ