「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

「歌が好きなのが忘れられなくて」 元看護師・結花乃が歌手として表現する音楽の形

2019/7/11 08:01 しらべぇ

「クリスタルボイス」と呼ばれる透明感のある歌声を持ち、物語のような歌詞を紡ぐシンガーソングライターの結花乃が、デビュー3年目にしてアルバム『結花乃譚』をリリース。

一見、アーティストとして順風満帆に進んでいるようにも思えるが、道のりはそう簡単なものではなかったという。本人にいままで、そしてこれからについてを尋ねてみた。

 

■歌手を目指すきっかけ

シンガーソングライターの肩書きを得る前、彼女は看護師として患者と向き合っていた。デビューに至るまで、どのような経緯があったのだろうか。

結花乃:2016年の9月に『花一匁』というCDでデビューをしたんですけど、その前は看護師として働いていました。もともとカラオケとかは好きだったんですけど、私が歌手になりたい! って思ったのは、高校3年生の文化祭の時。

 

「最後だし、みんなで思い出作りに何かやろう」ってことでバンドを組んだんです。で、私はボーカルとして初めてステージに立ったんですけど、「あっ私こうやって歌うことが好きなのかも…」と感じたのが、歌手を目指すきっかけでした。

 

結花乃

━━でも「そのまま歌手を目指す」という流れにはならなかった?

結花乃:当時高校3年生で、今さら歌手になりたいなんて親に言いづらかった…しかも進学校だったので全員が大学に進学するみたいな場所で…(笑)。「好きだな、やりたいな」って思いは一旦心にしまって、看護師の道に進みました。

 

ただ歌が好きっていうのが忘れられなくて、バイト代でボイトレに通ったり路上ライブをしてみたり…。ずっとその状態が続いていたんです。

 

■「本当に人生を後悔しないのか」

結果的に看護師という仕事に就くことができた結花乃。逆に不安定な職ともいえる歌手を目指すのは勇気が必要だったはず。

結花乃:私が働いていた病棟では、重たい症状の方も多くいました。治療中でやりたい事があってもなかなか難しい状態の方々がいる中で、自分は「やりたいこと」を見つけているのに、やらないでいる…。

 

「自分は本当に人生を後悔しないのか」って思って、仕事を辞めたのが「私の音楽」の始まり。そこから作詞作曲を独学でやってみたんですけど、何年もオーディションに受からなかったし、厳しい言葉を受けることも多かったですね…。

 

━━音楽の道に進むと決心したとして、親や友人など周囲から反対はなかった?

結花乃:友たちとかには一切話さなかったですね(笑)。反対されるし、目指したとはいえやっぱり自信もなかった…。ただ、親には話したんですけど、その時は特に反対もせずに「いつかそういう風に言うんじゃないかなって思ってたよ」って頷いてくれました。

■地元に根づいたアーティストに

結花乃

幼少期よりピアノを習っていたとはいえ、楽曲制作の経験があるわけではない。行き詰まった彼女を救ったのは地元の静岡県だったのだとか。

結花乃:東京住み始めて、曲が全然思い浮かばなくなったことがあったんです。そんな時に一度地元に帰ったら「慣れ親しんだ富士市にいることで私らしくいられる」って感じて、曲を作れるようになったんです!

 

東京に事務所はあるんですけど、じつは今も静岡の富士市に住んでて…週に何度も通いながら実家暮らしで音楽活動をやってます(笑)。

 

━━東京と静岡を通いで…それを許した事務所もすごいですね。

マネージャー:そうなんですよ…! デビューが決まった後に帰るって言われて「えぇ!!」みたいな(笑)。

 

当初、事務所を困らせていた面は否めないが、それが功を奏したケースもあったそう。

結花乃:地元に住みながらデビューするので、地元の人に知ってほしいと思い市役所にご挨拶に行ったら、「曲を作ってほしい」ってお仕事を頂いたりして。

 

街の歌を作らせていただいたら、富士市でのイベントもすごく増えて…今もし東京に住んでも、何度も富士市に行かないといけない(笑)。

 

■「結花乃」がわかるアルバム

結花乃

そんな彼女の「いままで」が詰まったアルバム『結花乃譚』。NHK『みんなのうた』放送され話題となった「きんぎょすくい」や新曲5曲を含めた計12曲が収録されている。

━━今回アルバムはベスト版的な立ち位置になるのですか?

結花乃:じつは違うんです! 活動してきて初めてのアルバムなので、「メイン曲を全部入れちゃえ!」っていうより、むしろベスト版になりすぎないような「適度な重さ」を意識しました。

 

━━ある意味、名刺的な作品ってわけですね。確かに重要な曲を残しつつも、全体的にバランスのいい印象を受けました。

結花乃:そうなんです。この1枚で私がどんなアーティストか分かってもらえるようにしたいと思って、バラエティ豊かにしてみました。あとは通して聴いても飽きないことが大切。

 

『へくしょん』っていうくしゃみの曲があるんですけど、家で「これでもか」ってくらいくしゃみの練習をして(笑)。レコーディングでもたくさんくしゃみをして、一番いいのが使われている…そんな曲もあったりします。

 

■マルチすぎる才能も

結花乃

楽曲もさることながら、彼女のすごいところは多彩な一面だ。その一つとして、リリースしているCDのジャケットのデザインが挙げられるだろう。

結花乃:シングル『いただきへの、はじまり』以外は、自分でデザインしました(笑)。絵のやつはもちろん描いているのですが、写真のほうも加工して作りました。ちなみに、『みんなのうた』で放送された金魚の絵は、原画を提出してます。

 

━━ほぼ全部…これは多彩すぎますね(笑)。

結花乃:母が習い事を沢山させてくれてたんです。ピアノだけじゃなく、水泳、そろばん、習字、塾…本当に毎日何かに行ってたんですけど、絵画教室だけは自分で行きたい! って言って習わせてもらいました。

 

そういえば、昔CDを自主制作していた時はCDを焼いて、歌詞カードとかジャケットの絵とかも描いてましたね。中には、曲に合う絵本を描いて、一緒に販売していたこともあります。

 

でも、絵本を描くより冊子の印刷方法の方が苦手でした…「1ページ目の裏は何ページの裏になるんだ…」みたいな(笑)。

 

■楽曲それぞれに主人公

曲に沿った絵本まで作ってしまうというのは中々聞かない話だ。しかし、意外なことにこれは彼女の楽曲制作とリンクしている部分があるのだとか。

結花乃:私が作っている曲って、1曲で1つの物語だと思ってて。歌詞から書くんですけど、物語を描くイメージでそこから曲にしていく感じで。

 

━━実際に曲を聞かせていただいたのですが、「花一匁」の妖艶な感じや「パチパチ、線香花火」の跳ねる感じは、それぞれの物語があるからこその違いだったりするんですか?

結花乃:そうなんです! それぞれが1つのお話なので、全曲主人公の設定があったりするんです。こっちは女の子でそっちは喧嘩気質の少年とか(笑)。「曲によって声色が違う」ってよく言われるんですが、それは曲ごとに演じているからかな。

 

━━でわ、特徴的な楽曲「わさび」はワサビが主人公?

結花乃:あれは遊び心で作った曲でして…(笑)。アルバム12曲を全部聞くと1時間くらいあるので、後半飽きちゃったら寂しいから…刺激を出したくて。

 

 

■日本中に広がる曲を

結花乃

━━今回のアルバムの中で、最も「結花乃らしさ」が伝わるのはどの楽曲ですか?

結花乃:私っぽいのは「ごめんなさっちゅうざい」かな? ちょっと童謡っぽくもありつつ、でも歌詞の中身は深かったり。

 

目の前のお客さん以外に、自分の知らないところで楽曲がたくさんの方に出会ってくれているっていう感覚を知った…そう言う意味では「きんぎょすくい」は私の今後の代表曲だなって思っています。

 

そんな彼女が今見据えている目標を尋ねてみた。

結花乃:日本中でたくさんの人が知っているみたいな名曲を作っていくっのが目標です。そのためには曲作りを頑張っていかなきゃ…私は曲に対して難産型なので、もうちょっとリラックスしてね(笑)。

 

「楽曲が一人歩きして多くの人に届く」それが彼女の目標。ただ、一つ一つ丁寧に思いが込められた楽曲を聴いていると、それが叶うのも遠いことではない、そう思えるのだ。

<出演情報>
7/14 田子浦みなと祭り   ふじのくに田子の浦みなと公園 (富士市)
7/28 PVEshowcase 横浜O-SITE

(文/しらべぇ編集部・木根 大心 取材協力/結花乃

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ