「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

iPhoneのパスコードは何回までなら間違えてもセーフ?覚えておきたい、忘れてしまった時の対処法

2019/7/10 10:00 Suits-woman.jp

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(www.iphonejoshibu.com)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ。

お悩み:パスコードを何度も間違えてしまうと、どうなるのでしょうか。また、パスコードを忘れてしまった時の対処法も教えてください。

Face IDやTouch IDに慣れてしまうと、ついパスコードを忘れてしまうこともありますよね。でも、アップデート時などiPhoneを再起動した後やTouch IDがうまく反応しない時などは、パスコードを入力する必要があります。そこで今回は、パスコードを忘れてしまった時の対処法をご紹介します。

パスコードは4回まで間違えても大丈夫。それ以降は一定時間ロックがかかります。

■パスコードは4回までなら間違えても大丈夫!

普段、iPhoneのロック解除はFace IDやTouch IDで……という人も多いでしょう。でも、再起動時には必ずパスコードを入力しなくてはいけないので、いざパスコードを入力する時に「忘れてしまった!」ということもあるかもしれません。

そこで覚えておきたいのが、パスコードは4回までなら間違えて入力しても問題はないということ。何度か入力し間違える程度であれば、心配することはありません。

いつもはすぐに思い出すパスコードでも、時にはうっかり忘れてしまうこともあるはず。そんな時は、まずは焦らずに冷静になることが大切です。「これかな?」と思うパスコードがいくつかある場合は、メモに書き出してみるのも一つの手。一つずつ入力してみて、間違っていたらその数字にはバツを書いていくと、同じ数字を打ってエラーを重ねてしまう失敗もないでしょう。

■5回以上間違えると、一定時間使えなくなる!

4回まではすぐにパスコードの打ち直しができるのですが、5回目以降になるとそうはいきません。パスコードの入力に5回失敗すると、それまでとは違って「1分後にやり直してください」という表示が出てしまいます。そして、その間はiPhoneを使うことができません。

間違えるごとに、ロック時間が長くなっていきます。

その後は、6回を間違えると5分間、7・8回は15分間、9回は1時間というように、だんだんと使えない時間が長くなっていきます。その間はiPhoneを全く使えなくなってしまうし、何よりとても不安になってしまいますよね。

 

そして10回パスコードを間違えてしまうと、iPhoneを全く使うことができない「ロックアウト」状態に。こうなってしまうと、お手上げ!という方も多いでしょう。ロックアウト状態からiPhoneを復活させるために、いくつか対処法を試してみましょう。

■「データを消去」をオンに設定しておく!

パスコードを忘れてしまった時の対処法の一つに、事前に「データを消去」をオンに設定しておくという方法があります。

iPhoneの設定で、パスコードの入力を10回連続で失敗すると、端末のデータが消去される設定になっていると、スムーズにパスコードを再設定できます。これは、第三者にiPhoneを盗まれてしまった場合などに、iPhoneの中身を見られないための機能でもあります。

設定の方法は、iPhoneの「設定」アプリで、「Touch IDとパスコード」(iPhone Xの場合は「Face IDとパスコード」)をタップ。「データを消去」をオンにしておきます。

「設定」>「Touch IDとパスコード 」>「データを消去」をオンに。

この設定の状態でパスコードを10回間違えると、iPhoneのデータが初期化されます。再起動後に、パスコードを再設定することができます。ただし、この方法はデータが初期化されてしまうので、iPhoneのデータは常にバックアップを取っておく必要があります。

■パソコンからiPhoneを「リカバリモード」にする!

二つ目は、パソコンのiTunesを使う方法です。iPhoneの中身がバックアップしてあれば、iPhoneを復元してパスコードを削除・再設定することができます。

iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X以降の場合、右にあるサイドボタンと音量調節ボタンのどちらかを長押しし(iPhone 7、iPhone 7 Plusの場合は、サイドボタンのみ)、電源オフのスライダが表示されるまで押し続けます。スライダをドラッグしてデバイスの電源をオフに。次に、サイドボタンを押しながらiPhoneをコンピュータに接続します。「リカバリモード」の画面が表示されるまで、サイドボタンを押し続けましょう。

iTunesをインストールしてあるパソコンに接続します。

iTunesで「復元」または「アップデート」の表示が出たら、「復元」をクリック。iTunes がiPhoneのソフトウェアをダウンロードします。復元が終わったら、設定して使うことができます。

☆☆☆

パスコードを何度も間違えてしまうと焦ってしまい、いつもなら思い出せるはずのパスコードが思い出せないということもあります。対処の方法はいくつかありますので、まずは落ち着いて行動することが大切。もし、操作がわからない場合などは、Apple Store直営店やApple正規サービスプロバイダに相談するのがおすすめです。また、パスコードを自分だけにわかるように工夫して保存しておくことや、日頃からiPhoneのバックアップは取っておくことは重要ですね。

文/内田あり(女子部JAPAN(・v・))

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ