「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

生後6ヶ月の長男にかみついた父親 頭蓋骨骨折、全身のあざ発覚に非難轟々

2019/7/10 15:41 しらべぇ

(ziggy_mars/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです) (ziggy_mars/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

このところ児相関連の事件が続いているが、またもや信じられない虐待事件が発覚。しらべぇ取材班は、事件の詳細を追った。

 

■長男の足にかみつく

愛知県警蟹江署及び捜査第1課は9日、弥富市に住む作業員の男(21)を、0歳の長男の足にかみつき、けがを負わせたとして傷害の疑いで逮捕した。

容疑は10日に自宅の居間で、長男(当時生後6ヶ月)の大腿部にかみつく暴行を加え、長男に全治1週間の皮下出血の傷害を負わせたもの。

 

■児相から警察に通報

警察によると、男は翌11日に長男がぐったりしていたため、妻(18)とともに市内の病院へ連れて行った。入院後、頭蓋骨骨折などが確認されたため、病院は不審に思い14日に虐待の疑いがあるとして県海部児童・障害者相談センターへ通報。17日に児相から警察に連絡が入り捜査していた。

長男は現在退院し、別の児童相談所に保護されている。なお長男の頭蓋骨の骨折は、「投げ落とされたようなけが」だったらしく、全身にあざもあったという。

■児相は「重篤事案」と判断

県海部児童・障害者相談センターは、しらべぇ編集部の取材に対し「病院から連絡を受け、職員が病院にて重篤事案と判断し警察に通報した。長男は一時保護しているが、安全を確保したうえで、これから妻から事情を聴く」と答えた。

愛知県福祉局児童家庭課児童虐待グループによると、児童虐待の疑いがあるという通報が、2018年度に県内全体で5,299件あった。うち107件が重篤事案。重篤事案とは虐待でけがをしていたり、衰弱しているなどの緊急性を要する案件のこと。

主な虐待者の割合は、児童の「実父」が 46.4% で、次に「実母」43.1% 、「実父以外の父」が6.9%の順 。 虐待の被害者を年齢層別に見ると、「小学生」が 32.3%と最も多く、以下「3 歳以上就学前」が25.1%、「3 歳未満」20.4%となっている。

 

■「親になる試験が必要」の声も

ネット上ではあまりの父親の虐待な行為に怒りの声があがっている。

「虐待が出てくる度に、親になる筆記、実技試験をした方がいいと思った。この意見は絶対反感買う意見が多いと思うが、それくらい子どもを粗末にする親が増加している」

 

「うちの子も同じぐらいだけど、ただただかわいいけどな。叩こうなんて思いもしないよ」

 

「21歳と18歳。子供が子供を育ててるようなもの。赤ちゃんがかわいそうだ」

 

全国各地の児相に虐待相談が相次いでおり、現場も待ったなしの状態もうかがえる。

(文/しらべぇ編集部・おのっち)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント68

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ