「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

手足口病が流行中。子どもの三大夏風邪を解説

2019/7/9 11:00 Open Doctors[オープンドクターズ]

手足口病が流行中。子どもの三大夏風邪を解説 手足口病が流行中。子どもの三大夏風邪を解説

「真夏であっても、ちょっと油断すると子どもが熱を出してしまう」と悩んでいる親御さんも多いのでは? お子さんの目が赤く充血していたり、 「喉(のど)が痛い」と食事を拒んだりする場合は、もしかしたら冬にかかった風邪とはちょっと違うウイルスに感染しているかもしれません。

夏に流行する「子どもの三大夏風邪」について、感染症の専門家である国立病院機構・三重病院 臨床研究部長の谷口清州先生に伺いました。
医師 谷口清州先生

「夏の風邪」と「冬の風邪」の違い


━━ 夏に流行する風邪と冬に流行する風邪には、どんな違いがあるのでしょうか?

一般的に「風邪は冬にひくもの」というイメージが強いですからね。風邪を引き起こすウイルスと流行時期について大まかに説明すると、9月から増加し始めるライノウイルス、それに続いて冬はRSウイルス、インフルエンザウイルス、コロナウイルスなどが流行します。そして、春にかけてヒトメタニューモウイルスが地域的に流行します。

アデノウイルスやエンテロウイルスは一年中みられますが、夏から秋にかけてしばしば流行します。このアデノとエンテロ、2つのウイルスによる感染症が、いわゆる「夏風邪」と呼ばれるものです。

「子どもの三大夏風邪」の特徴と共通点


━━ 「子どもの三大夏風邪」とはどんな病気を指すのでしょう?

多くの親御さんが悩まれる夏風邪というと、大きく分けて「咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)」「ヘルパンギーナ」「手足口病」の3つになるでしょう。

・咽頭結膜熱
咽頭結膜熱は、アデノウイルスによる感染症です。年間を通して発症しますが、初夏に流行することが多い疾患です。主な症状は高熱と、のどの痛み(咽頭炎)と目の充血(結膜炎)で、数日間続くことが特徴ですが、目の充血がないこともあります。アデノウイルスには60種類以上の型があり、それぞれで症状が異なることが知られています。例えば8・ 19・ 37型は流行性角結膜炎を起こします。

・ヘルパンギーナ
ヘルパンギーナの名前の由来は、口蓋垂(こうがいすい)、いわゆる「のどちんこ」の周囲の炎症を「アンギーナ」といい、そこにヘルペスのような水疱ができるので「ヘルパンギーナ」と呼ばれるようになりました。主にエンテロウイルス属の一種であるコクサッキーウイルスの感染により発症します。症状としては、突然の高い熱、次に喉の痛みがでます。水分も、ごはんも摂取しにくくなり、特に子どもの場合には痛みのため水分をとらなくなると、脱水症のリスクもあります。

・手足口病
手足口病というのは、発熱とともに、口周囲や口の中の粘膜、手のひら、足の裏や足の甲などに2~3mmの水疱性発疹(水ぶくれ)が出現します。時に肘(ひじ)、膝(ひざ)、おしりなどにも出現することもあり、特に最近流行することの多い、コクサッキーウイルスA6に感染すると、手・足・口だけではなく、背中やお尻、大腿部(太もも)に水疱疹がでることもあります。発熱は約3分の1で見られますが軽度であり、38℃以下のことが多いとされています。

━━ 三大夏風邪の共通点や、特徴について教えてください。

共通点は、夏の流行が多いこと。それから、感染後に症状が消えてもウイルスを排出し続けること、つまり感染期間が長いということも共通点ですね。ウイルスは咽頭から3~4週、便中には5~6週以上にわたって検出されることが知られています。

ウイルスが最も急速に増え、大量に排出されるのは急性期(病気になりはじめた時期)です。その後、回復期(症状がおさまり快方に向かう時期)になると排出されるウイルスの量は減ってきますが、便からはまだまだウイルスが排出されているため、一見治ったように見えても、便を介して感染が広がってしまうのです。

例えばアデノウイルスに感染して治った人は、症状がなくなっても便中にまだたくさんウイルスがでています。かつてはこの疾患がプールでよく広がったので、プールに入る前に腰まで消毒液の入った洗体槽に浸かるという予防策が行われていました。一定以上の年齢層の方は経験したことがあるかもしれません。現在はウイルスが広がらないように、プールの水の塩素濃度は1ppm以上という基準ができています。

便以外でも、これらのウイルスは、咳やくしゃみ、唾液や鼻水が付着した手指を介して広がります。症状がおさまってからもウイルスは出ますので、患者との接触後は手洗い・手指の消毒が大切になってきます。

夏風邪で注意したい合併症

子どもの夏風邪のイメージ画像━━ 「夏風邪は長引く」とも言われますが、本当ですか?

特に冬に比べて長引くということはないと思いますが、合併症のために長引くということはあります。手足口病の原因となるウイルスのひとつにエンテロウイルス71型というのがあり、これは髄膜炎や脳炎などの合併症を起こすことがあります。今シーズンは、これまでのところ、このウイルスはあまりみられていません。(2019年7月時点)

2016年にエンテロウイルスD68型が流行して、喘息発作や呼吸困難、さらに弛緩性麻痺(しかんせいまひ:筋肉を動かすことができず、麻痺している箇所がダランとしている状態)などを引き起こしたことは記憶に新しいと思います。エンテロウイルスのなかには中枢神経に感染するウイルスがおり、最初は夏風邪の症状だけであっても、場合によっては合併症を引き起こす可能性があります。

ただ、これらのウイルスに感染した人の90%以上は、無症候性感染(病原体に感染しても症状が出ず、健康にみえる状態のこと)あるいは軽症の発熱性疾患に終わります。

━━ 症状が出ない方も多数いらっしゃるんですね。そういう方から感染が拡がるのでしょうか?

そうですね。多くは軽症例あるいは無症候例の便を介して感染が広がりますが、一般的に症状が出るのは5歳までの小児が多いですね。赤ちゃんがかかると重症になります。とくに新生児は抵抗力が弱いですから、注意が必要です。

━━ 手足口病では髄膜炎や脳症になることもあると伺いましたが、ほかに注意が必要な合併症はありますか?

手足口病の原因となるコクサッキーウイルスB群の場合は筋肉に炎症が起こることがあります。ときに、先にも述べた無菌性髄膜炎や脳炎・肝炎・心筋炎や心膜炎を引き起こすことがあります。心筋炎を起こして心臓のポンプ機能が悪くなると心不全の状態に陥ります。そうすると、心臓で十分な循環ができないために浮腫(むくみ)が出てきたり、おしっこの量が減ってきたりします。心筋の収縮力が落ちるために、心拍数が早くなることもあり、それに伴い息もはやくなります。場合によっては不整脈が出るときもあり、突然死の原因にもなり得ます。

見た目では元気がなくなります。普段ならば熱があっても遊ぶのにぐったりしているとか、親の感覚で「おかしい、普段と違う」という気付きは大切です。赤ちゃんは熱があっても興味のあることには積極的ですから、いつものような動きがなければおかしいと考えて注意しなければなりません。

特に夏は、暑くて汗をかきやすいですから、脱水状態になることがあります。自分の熱をコントロールする方法は汗をかくことです。しかし、体内の水分がもともと少ない状態で汗をかくことができないと熱がどんどん高くなるリスクもあります。

━━ 夏は風邪をひいた子が熱中症になることもあるということですか?

風邪による発熱は体が自ら「体温を上げろ」と命令した結果なのですが、熱中症というのは自分で体温が調節できなくなって体温が上がってしまう状態を指すので、異なる概念です。

しかしながら、風邪による発熱も熱中症も「脱水が伴う」という状況は似ています。ただでさえ気温が高くて、脱水により熱があがりやすい環境ですから、十分な水分補給を心掛けたいところです。

予防の基本は「手洗い」「接触を避ける」こと

━━ 夏風邪はどう予防すればよいのでしょうか?

基本的には患者と接触しないようにすることです。しかし、実際のところ家庭内で接触しないようにするというのは難しいでしょうから、家族内感染率は結構高いです。

例えば上のお子さんが保育園でもらってきて、お母さんにうつして、さらに下の子にうつして……というケースはよくあります。多くは患者の糞便を介しての直接・間接接触による感染ですが、咳やくしゃみによってウイルスが飛んで感染することもあります。

風邪予防に「うがい」は必要?


日本では古来より「風邪の予防にはうがい」と言われてきましたが、実際の予防効果はほとんどないということが分かっています。うがいをしすぎることで、喉にある種々の感染を防御する物質が少なくなり、感染しやすくなるということも言われています。
風邪の予防にうがいを推奨するのは世界中で日本だけなのですが、昔からの習慣なので、なかなか変えることは難しい面もあるのかもしれません。

治療の基本は「よく休み」「よく食べる」こと

━━ 夏風邪に対する治療薬はあるのでしょうか?

夏かぜのウイルスに効果がある治療薬はありません。もちろん、「抗生物質」と呼ばれているような抗菌薬のたぐいも、ウイルスには効きません。ウイルスを自分で排除する、免疫力を高めるということ以外に有効な対応方法はないというのが現状です。

感染症というのは、基本的に病原体(ウイルスや菌)とヒトとの戦いです。病原体が弱いものであっても、身体の免疫力が弱ければ病原体の方が勝ちます。治療には、「いかにして身体の状態をよくするか」ということも含まれるわけです。

例えば相手が細菌であれば有効な抗菌薬で叩くこともできますが、アデノウイルスやエンテロウイルスなどのウイルスにはその方法がありません。市販の解熱薬、口内炎の薬、目薬などを使用される方も多いと思いますが、あくまでも症状を鎮める薬であって、ウイルスに直接作用するものではありません。よく睡眠をとって、身体を休めて、栄養のあるものを食べるという方法が一番なのです。

━━ 休息や栄養をとることが大切ということですが、もしも自分の子どもが夏風邪にかかったら、何を食べさせればよいのでしょうか?

まずは水分を十分に飲ませて、次にタンパク質をとらせてください。食べられるならば、バランスの取れた普通のごはんがよいのですが、ヘルパンギーナは喉が痛くて食べられないことも多いですから、水やジュース、あるいはヨーグルトやプリンなど、喉を通りやすいものになるでしょう。

ただ、酸っぱいとしみますのでオレンジジュースなどは避け、冷たいスープなどを飲ませるのもよいと思います。基本的には3~4日で治ることが多いので、その間に体力を落とさないよう、しっかり休ませることも大切です。

━━ 3日以上熱が続くときは、もう一度病院を受診したほうがよいのでしょうか?

そうですね。そして、頭が痛いとか、嘔吐(おうと)する、水分がとれない、咳が強くなる、熱が一向に下がらずにむしろ高くなってしまうなど、新たな症状がでるような場合は病院へ行ったほうがよいでしょう。

保育園や学校、解熱後48時間は連れて行かないで

━━ ウイルスが長い間排出されるというお話がありましたが、保育園や学校へ行かせても大丈夫なのでしょうか?

症状がなくなっても4~6週間程度は体からウイルスがでてきます。三大夏風邪のどれも同様です。症状があるときのウイルス量は多く、症状がなくなればだいぶ減ります。ですから熱が下がってから48時間は保育園などの施設には連れていかないよう、親御さんに伝えます。一般的に症状がおさまってから48時間経過するとウイルス量が少なくなることがわかっているからです。

また、咽頭結膜熱は、主要な症状が消えたあと2日経過するまで出席停止、手足口病とヘルパンギーナに関しては、急性期は出席停止ですが、回復期は全身状態が改善すれば登校可となっています。(学校保健安全法による)

もちろん仕事などの事情があることもわかりますが、お子さんの体力も十分回復していない状況で保育園などに連れて行くのは避けたほうがよいと思います。体力が落ちているので、別の感染症をもらってくることもありますし、オムツを取り替えるときに手などに付着して、それがきれいに洗い落とせていなかった場合、保育園などで集団発生するということもあります。

繰り返しになりますが、特効薬がない現状では「手洗い」「接触をさける」という予防が大切で、かかってしまった場合はよく休み、睡眠をとり、栄養を十分にとるということが一番です。

参考文献

・(*1)手足口病に関するQ&A – 厚生労働省
・(*2)ヘルパンギーナとは – 国立感染症研究所
・(*3)手足口病、ヘルパンギーナ、咽頭結膜熱が増加しています -【感染症エクスプレス@厚労省】Vol.303(2017年06月30日) - 国立保健医療科学院
・(*4)咽頭結膜熱とは – 国立感染症研究所
・(*5)学校保健安全法施行規則 - e-Gov [イーガブ]
・(*6)エンテロウイルスD68型流行期における小児気管支喘息発作例の全国調査(IASR Vol. 37 p. 31-33: 2016年2月号) - 国立感染症研究所

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ