「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

おもちゃの収納方法のまとめ。子どもが自分で片付けできる方法

2019/7/8 14:45 オリーブオイルをひとまわし

おもちゃの収納方法のまとめ。子どもが自分で片付けできる方法 おもちゃの収納方法のまとめ。子どもが自分で片付けできる方法

溢れかえるおもちゃに収納スペースは欠かせない。子ども部屋が散らかる原因は、収納スペースがないことも大きな理由の一つだろう。そこで今回はおもちゃ収納がラクにできる方法を3つまとめて紹介する。子どものおもちゃ収納で悩んでいる方は是非参考にしてほしい。

1.子どもが自分でおもちゃ収納できるシンプルボックス!

おもちゃの形が大小ある中で、まとめて片づけるのに便利なのが、シンプルなボックスである。おもちゃの量によって、このシンプルな箱型ボックスがいくつもあれば、子どもたちは種類分けしてボックスに入れるだけである。どこに置いても入れるだけで片付くボックスは使い勝手がよく、おもちゃが増えてもボックスを買い足せばよいだけだ。

ボックスに何を入れるかはシールに書いておけば、片付ける時に迷うことがない。またシールだけでなく、おしゃれなステッカーを貼ると一気に自分色に早変わりする。兄弟がいるのであれば、一人一人オリジナルステッカーを作ってみてもいいだろう。

ボックスを用意して、ステッカーを貼るだけで完成するこんな簡単なおもちゃ収納は他にはないだろう。お友だちが来て一緒に遊んだ後も、ボックスに入れるだけのお片付けならお友だちも一緒に簡単にできるはずだ。子どもたちが自分で簡単に片づけられる環境こそが一つの学びへとつながるだろう。

シンプルな箱なだけに、おもちゃ収納としてだけでなく幅広い収納ボックスとしても使えるので、子どもの成長に合わせて中身を変えてもいいだろう。

2.DIYで使い方は無限!ラックやボックスを使ったおもちゃ収納

おもちゃといっても子どもの年齢が高くなればなるほど、おもちゃが小さくなったり細かくなったりする。そのような時に便利なのが、ラックとペグボードを使ったおもちゃ収納である。これらはDIYが可能なため、ラックの位置やボックスの大きさを変えるだけでも収納が簡単に行える。

ラックは区切り板を調整できることが多いため、おもちゃや片付けたいもののサイズに合わせて随時変更しよう。子どもが大きくなるにつれて学校の用具なども増えてくるので、ラックとペグボードのDIYを組み合わせれば、さまざまな使い方ができる。毎年子どもが必要なもの・必要でないものを整理し、それよって収納ラックをカスタムすればいいのだ。

整理後は、要るものを決めたボックスに入れるだけなので、その場所を忘れないよう表示してあげる。子どもの収納が下手だなと感じたら、まずは一緒に物をしまう場所決めてあげることが大切だ。

3.デッドスペースをおもちゃ収納に!ボックスやバスケット活用例

子ども部屋のベッド下が空いていて有効活用できておらず、デッドスペースとなっている方も多い。せっかくのスペースなので、ベッド下に収まるボックスやバスケットを置き、おもちゃ収納スペースとして活用するのも手である。ベッド下はそこそこの広さがあるため、ある程度のおもちゃは収納することができる。

またベット下はすぐに取り出せる位置でもあるので、子どもにとっても使い勝手のよい場所であり、片付けやすく便利である。また、取り出しやすいボックスとして工夫するならば、ボックスの下にキャスターをつけると取り出しやすい。

また、収納ボックスの代わりにバスケットを使ってもいいだろう。バスケットは通気性がよいのがメリットで、湿気が原因でカビが発生しやすいぬいぐるみや人形などの収納にもおすすめだ。収納したいおもちゃによって入れ物を変えるといいだろう。

ベット下はアイデア次第では大幅な収納力アップが期待できるので、ぜひ試してみてほしい。

結論

収納は片づけやすい環境を作ることが大事である。片付けたいおもちゃの種類によって、ボックスをいくつか準備するのも、片づけやすさに繋がるだろう。そして物の置き場所を決め、ステッカーなどに何を入れるか書くとだけで、何をどこにしまうかが分かりやすく、片づけしやすい状況になる。子どもが片付けしやすい状況は、親が作れるものだと思うので、是非試してみてほしい。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ