「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

漂う地雷臭…結婚したら苦労しそうな女性の特徴9パターン

2019/7/6 09:00 オトメスゴレン

漂う地雷臭…結婚したら苦労しそうな女性の特徴9パターン 漂う地雷臭…結婚したら苦労しそうな女性の特徴9パターン

恋人として付き合うだけならアリでも、結婚となると躊躇してしまう…男性からすると、そういう女性は少なくないようです。もしかしたら、あなたもちょっとした言動が原因で、地雷女扱いされているかもしれません。そこで今回は、独身男性の生の声を参考に「漂う地雷臭…結婚したら苦労しそうな女性の特徴」をご紹介します。

【1】「結婚=女のステータス」だと思っている

「とにかく『妻』になりたいだけで、その先のことは一切考えてなさそう」(20代男性)というように、結婚が目的になっている女性に底の浅さを感じる男性は多いようです。「とにかくしたい!」と必死になっている人は、その気持ちを顔に出さないように気を付けましょう。

【2】相手も決まっていないのに「理想の結婚生活」が頭の中で固まっている

「『年収3千万で専業主婦で港区住み』とか…ムリムリ」(20代男性)というように、結婚後に夢を描きすぎてしまう女性も、庶民派の男性からは敬遠されてしまいそうです。婚期を逃したくなければ、「理想と現実」を見極めたいところです。

【3】人間の暮らし以上にペットをとにかく優先する

「ぞんざいな扱いを受ける自分の姿が目に浮かびます」(20代男性)というように、ペット最優先の暮らしに巻き込まれることを嫌がる男性もいます。本気で結婚したいなら、動物と同じか、それ以上に愛せる男性を根気よく探しましょう。

【4】自称・天然キャラで、ドジやおっちょこちょいをアピールしたがる

「結婚生活のなかでドジを連発されるとムカつきそう」(20代男性)というように、恋人時代は歓迎されることもある天然ボケも、いざ結婚となると不安要素に早変わりするようです。むしろ「抜けているけど頑張り屋」あたりを目指したほうが、結婚への近道になりそうです。

【5】いい大人なのに、自分のことを「下の名前」で呼ぶ

「結婚してからもお姫様扱いを求めてきそうでウザい」(20代男性)というように、自分を「私」と言えない女性も、結婚相手としては面倒だと思われてしまうようです。ある程度の年齢になったら、一人称を「私」に直してソンはないでしょう。

【6】自撮り写真や私生活をSNSに公開しまくる

「自己顕示欲が強い証拠。見栄を張るのにお金がかかりそう」(20代男性)というように、SNSでやたら自己アピールしたがる女性も、将来の無駄な出費を予感されてしまうようです。男性ウケを考えるなら、飯テロ、今日のコーデ、リゾートの自撮りなどは少しセーブするのが無難ではないでしょうか。

【7】ファッションやインテリアへのこだわりが強く、他人と相容れる姿勢がない

「全部自分の好みを押し付けてきそう…」(20代男性)というように、お洒落すぎる女性も、生活を共にする視点に立つと男性に窮屈な思いをさせてしまうようです。結婚を考えるなら、少しダサい「隙」があったほうがとっつきやすいのかもしれません。

【8】「掃除は毎日」などきっちりした生活を心掛けており、他人にもそれを要求する

「家に帰ってからも完璧を求められたら疲れてしまいそうです」(20代男性)というように、家事に対するスタンスの違いも、結婚における懸念材料のようです。きちんとするに越したことはありませんが、神経質になりすぎたり、相手にも同じことを強要したりするのは控えましょう。

【9】部屋が片付いているとは言えず、実家も散らかっている

「遺伝子的に整理整頓が苦手なのだと思います」(20代男性)というように、汚部屋に住んでいることがバレると、結婚相手としては嫌がられてしまうようです。育った環境によっては、世間一般でいう「片付いた状態」が分からない人もいるので、綺麗と言われている部屋にお邪魔して参考にするといいかもしれません。

男性からすると、「結婚の目的が不純そう」とか、「結婚した後面倒くさそう」などに見える女性を避けたがる傾向があるようです。そう見えないように注意しましょう。(外山武史)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント5

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ