「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

初の刑事役で“大解禁”が期待される吉岡里帆

2019/7/6 21:00 週刊実話

提供:週刊実話 提供:週刊実話

 女優・吉岡里帆(26)が、10月スタートのテレビ朝日系ドラマ「時効警察はじめました」に出演することを、一部スポーツ紙が報じた。

 同ドラマは、俳優・オダギリジョー(43)扮する総武署時効管理課の霧山修一朗が、趣味で時効が成立した事件を捜査するコメディーミステリー。

 06年に第1シリーズ、07年に第2シリーズ「帰ってきた時効警察」が放送され、“脱力系コメディーミステリー”として人気に。記事によると、12年ぶりの復活で、霧山やヒロイン・三日月しずか(麻生久美子)らが再集結。

 吉岡が演じるのは、「ガンバリマス!」が口グセで、霧山と三日月の“趣味の捜査”に首を突っ込む刑事課の新人刑事・彩雲真空。吉岡が本格コメディードラマに挑戦するのは初めてで、刑事役も今回が初めてとなるという。

 「吉岡が演じるのは、これまでのシリーズにはいかなったようなキャラ。シリーズのファンに受け入れられるかは微妙だが、主演ドラマ・映画が連続でコケたことから、話題作で個性派の脇役を狙うことにしたようだ」(テレビ誌記者)

 劇中では、麻生にプロレス技をかけるシーンがあるほか、左腕を垂直に立て、そのひじに右手を添える決めポーズも自ら考案するなど、コメディエンヌぶりを発揮しているというが、期待されるのはこれまで封印してきた部分の“大解禁”だという。

 「吉岡といえば、その武器は推定Eカップと言われるバストとその谷間。映像作品どころか、写真集でも出し惜しみしてきた。しかし、麻生と組んずほぐれつするシーンもあるようで、胸を強調するシーンがない方が不自然」(芸能記者)

 ぜひ“裸一貫”で出直してほしいいものだ。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント9

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ