「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

“ビルド”犬飼貴丈、武田航平と信頼関係「安心して任せられた」

2019/7/6 13:39 ドワンゴジェイピー news

“ビルド”犬飼貴丈、武田航平と信頼関係「安心して任せられた」 “ビルド”犬飼貴丈、武田航平と信頼関係「安心して任せられた」

映画「GOZEN-純恋の剣-」の公開記念舞台あいさつが6日、都内で行われ、犬飼貴丈、優希美青、武田航平、小野塚勇人、町井祥真、久保田悠来、波岡一喜、メガホンをとった石田秀範監督が出席した。

戦国の名残がある2代目・徳川秀忠の時代を舞台に、8人の男たちが挑む命をかけた「御前試合」を描く。映画と舞台を連動させる東映の新プロジェクトの第1弾となる。

主人公の青山凛ノ介を演じたのは、「仮面ライダービルド」主演を務めた犬飼貴丈。今回のオファーを振り返り「マネージャーさんから東映さんからお声がかかったと聞いて、また(仮面)ライダーをさせていただけると思った。これから来年1年またライダーとして頑張るんだと思ったら、どうやら時代劇だった」と苦笑。「映画と舞台を連動させる新企画と聞いて、新たな挑戦に僕に声をかけてくれてすごく嬉しかった。特にプレッシャーは感じずにやらせていただいた」と語った。

同作には犬飼と同じく「仮面ライダービルド」に出演した武田航平も。再共演となり犬飼は「仮面ライダーで1年ご一緒したので、その点の安心感はほかの人とやるよりはちょっと違ったのかな。安心して任せられた」と笑顔。武田も「僕もそう思っています」とお互いに信頼を寄せていた。


あすは七夕とあって全員が浴衣姿で登場し、願い事を書いた短冊も披露した。「願い事を書くのが小学生以来なので、その時の気持ちになって書かせてもらった」という犬飼は「ぱぱとままがおしあわせに」、武田は「うちの犬が元気でいますように。あと35歳くらいで結婚できますように」としたためた。小野塚勇人は、「また町井くんを倒せますように」と、「仮面ライダーエグゼイド」で共演した町井祥真をイジり、会場を笑わせた。

この日の登壇者には、犬飼・武田・小野塚・町井のほか、久保田悠来と波岡一喜も過去に「仮面ライダー鎧武」に出演。ズラリと揃った仮面ライダー出身者を前に、ヒロインの優希美青は「皆さん仮面ライダーだったので絆があって現場でも仲良い雰囲気だったので私も混ざりたかった。仮面ライダーになって今度は仲良くなりたい」といい、短冊には「仮面ライダーになりたい」と願った。また「仮面ライダーエグゼイド」で敵役だった町井は「いつかヒーローに変身できますように。別日仮面ライダーじゃなくてもほかもあるので…」と話すと、監督から「東映を前にしてよく言う」と厳しくツッコまれていた。

映画と連像する舞台「GOZEN-狂乱の剣-」は東京・サンシャイン劇場にて9月12日より上演される。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ