「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

超タイプの男性とふたりきり!個室系パーティーで本命へのやり取りは?

2019/7/4 20:00 恋サプリ

いま流行りの婚活パーティーは?どんなタイプがオススメなのか試してみたい!【第5回】

最近話題の個室系パーティー。区切られた空間で、マンツーマンでじっくりとトークできることが魅力なのですが、とても難しいのが、どの男性とも「1度しか」お話できないというところ。

なので、限られた時間内で上手にアプローチすることが必要となってきますが、どんなコツがあるのでしょうか。

 

限られた時間でするべきことは2つ

 

個室系パーティーでは、男性が女性の個室を順番に訪問し、お話をしていくスタイルが多いもの。多い時だと20人ほどのお相手と2ショットでトークすることになるので、途中で、だんだんどんな人とどんなことをお話ししたかがわからなくなってしまいがちです。さらに最後には「いいなと思った男子の番号」をいくつか出さなくてはなりません。意中の男性もあなたの番号を書いていてくれれば、晴れてカップル成立です。

 

このような慌ただしい流れなのですが、まず最低限しなくてはならないことは2つだけです。ひとつはその男性が好みか好みじゃないかを素早く判断すること。そしてもうひとつは必ずその人のナンバーをメモすること。次から次へと男性が個室を訪ねてくるため、細かくメモをすることはできません。ナンバーと、その人を思い出す特徴(野球好き、豊島区在住)など書くだけで精一杯です。忘れないうちに素早くメモをすることをお勧めします。

 

好みの彼の趣味に興味を持つ

 

その男性が好みで、最終候補に入っているということに、自分ができるだけ早く気づきましょう。個室パーティーでは、その男性と会ような判断を素早く下すことです。そうすれば残り時間の会話でさりげなく「あなたのことが好みです」というようなニュアンスを示しておけば、相手の心に残りやすくなるはずです。

 

たとえば「そのネクタイの趣味素敵ですね。お買い物はどこでされるんですか」などと向こうの行動範囲気を聞き、「私も一緒にネクタイを選んでみたいな」などと一歩踏み込んだコメントをすれば、向こうも「この人は自分に気があるな」とわかります。好かれている女性を選べばカップリングしやすいのですから、彼が自分の番号を書いてくれる可能性はこれでぐっと高まるのです。

 

誘われやすい自分になる

 

次に大切なのは、男性が誘いやすいプロフィール作り。個室を訪れた男性に自分のプロフィールシートを渡すことがありますが、男性に「デートしてみたいな」と連想させるような言葉を並べると、向こうの記憶に残りやすくなります。例えば「映画」が趣味で「イタリアン」が好きなどと書いていると「今度映画行きませんか」「イタリアン僕も好きなので一緒に行きましょう」などと向こうが声をかけるきっかけになりやすいのです。

 

ポイントは趣味を男性も好きそうなものにしておくことです。たとえば趣味に「旅行」「写真撮影」などと書いておくと、「僕も旅行好きです」「僕もカメラを持ってます」などと彼らも反応しやすいのです。けれどそこに「刺繍(ししゅう)」などと、あまり男性にはピンとこないようなことが書かれていると、スルーされてしまうので、とてももったいないのです。せっかくの機会なので、男性がリアクションしやすいことを並べておきましょう。

 

個室でゆったりお話しできるとはいえ、ひとり接することができる時間はごくわずか。限られた時間のなかでしっかりと自分をアピールし、相手への好意も伝える、というのは、かなり難しいのです。どちらを優先するほうがいいかというと、もちろん相手への好意を伝えることです。向こうも素敵ですね、と言ってくれる相手のことは憎からず思うもの。どんどん彼をほめて、カップリング率アップを目指しましょう。

著者プロフィール

内藤みか

ないとう みか

作家/脚本家/イケメン評論家。山梨県出身。
『イケメンと恋ができる38のルール』(ベストセラーズ)、『年下オトコ×年上オンナ』(ゴマブックス)など著書80冊以上。
ラジオドラマ脚本『婚活バスは、ふるさとへ』(YBS)で文化庁芸術祭優秀賞&日本民間放送連盟賞優秀賞。
舞台脚本『男おいらん』はマンガ化や小説化も。イケメン電子写真集『Japanese Hot Guys』ではカメラも。
「内藤みかのイケメンブログ」

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ