「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

『ウォーキング・デッド』TVドラマも終了間近?原作コミックスが終了へ

2019/7/4 20:00 海外ドラマNAVI

海外ドラマNAVI 海外ドラマNAVI

大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』は、シリーズでクリエイターを務めるロバート・カークマンが手掛けるコミックスが原作となっているが、そのコミックスが終了することが明らかとなった。米Hollywood Reporterをはじめとする複数メディアが報じている。

カークマンとチャーリー・アドラードが手掛ける原作コミックスは2003年にリリース。それ以来、60以上の国で30以上の言語で発行され、世界中で5000万部以上を売り上げ人気を博していたが、7月3日(水)に出版される第193号をもって幕を閉じることが発表された。事前にコミックスが終了するという予告などはなかったという。

突然コミックスを終わらせたことについてカークマンは、「常に、『ウォーキング・デッド』は驚きの上に成り立っている。ページをめくるたびに何が起きるのか、誰が死ぬのか分からない状態はシリーズの成功の鍵だったし、それが何年もずっと読者を釘付けにしてきた活力源だった。実際の終わりをサプライズで終えないなんて、シリーズのモットーに反していて間違っていると感じたんだ」とコメントし、カークマンにとっては突然の幕閉じが自然な成り行きだったようだ。

以前にもカークマンは、ドラマ版『ウォーキング・デッド』で製作総指揮を務めるスコット・M・ギンプルとコラボし、2018年から発売されているコミックス「DIE! DIE! DIE!」も、前もって予告することなく突然リリースしてファンを驚かせていた。

突如として原作コミックが終わりを迎え、ファンはドラマシリーズや製作が発表された映画版について心配しているのではないだろうか。その点について放送局の米AMCが、「並外れて素晴らしいコミックスはすでに複数の形で息づき、そして世界中の何百万というファンの心に住み着く世界を創り上げました。これからもその世界は何年にもわたり続いていくでしょう」とコメントし、コミックスの幕閉じが映像作品の製作には影響しないことを伝えた。

すでにドラマシリーズはシーズン10へ更新され、シーズン9で退場した主人公リック・グライムスを中心に描く映画版の製作も進んでいる。また、『ウォーキング・デッド』のスピンオフ作品として『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』があり、さらに今年の4月には『ウォーキング・デッド』ユニバースの第3弾となる新シリーズが発注されたことが明らかになっている。原作が終わることは非常に残念だが、今後の『ウォーキング・デッド』ユニバースに注目だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:

『ウォーキング・デッド』
(c)Jackson Lee Davis/AMC

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ