「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

トイレタンクの掃除方法を知ってる? 効率の良い道具選びと掃除法とは

2019/7/4 11:45 オリーブオイルをひとまわし

トイレタンクの掃除方法を知ってる? 効率の良い道具選びと掃除法とは トイレタンクの掃除方法を知ってる? 効率の良い道具選びと掃除法とは

トイレタンクを掃除したことはあるだろうか。便器はまめに掃除していても、トイレタンクは見逃しがちだ。どんな道具でどうやって掃除するのか、わからない人も多いだろう。そこで今回は、トイレタンクの掃除方法について紹介する。

1.トイレタンクにはどんな汚れが付いている? 汚れの原因は?

トイレタンクの汚れは、主に黒カビと水アカだ。トイレタンクは常に水がたまった状態で、フタは閉じられ、中の空気は湿気が充満している。つまり、カビが生えやすい環境なのだ。黒カビが原因でイヤな臭いがすることもあり、黒カビが繁殖したトイレタンクの水が便器に流れると、便器の汚れの原因にもなる。

また、水の中のミネラル分が蓄積して白くかたまったものが、水アカだ。カビと水アカが合わさると、頑固な汚れになってしまうのだ。

2.ゴム手袋必須! トイレタンクの掃除に必要な道具は?

トイレタンクの中は多くの部品があり、その部品の劣化をさけるために酸性やアルカリ性の強い洗剤は使ってはいけない。強い洗剤を使わないときはゴム手袋を使わない人もいるかもしれないが、黒カビが繁殖するトイレタンクの掃除にはゴム手袋の着用を勧める。トイレタンクの掃除に必要な道具を紹介する。

トイレタンクの掃除道具

ゴム手袋マイナスドライバースポンジ柄が長く細めのブラシ歯ブラシ雑巾バケツ中性洗剤クエン酸重曹耐水性のサンドペーパー(1,000番)

3.中性洗剤&クエン酸で落とす! トイレタンクの掃除手順

トイレタンクの掃除は、止水栓の開け閉めや給水管の取り外しなど、普段の掃除ではやることのない作業も必要になる。しかし、それほど難しい作業ではないので、手順を覚えて、1~2カ月に1回くらいのペースで掃除できるといい。

1.止水栓を閉める

壁や床からタンクまでつながっている給水管は、壁や床に近いところに止水栓があるはずだ。まずは、止水栓を閉めて水の給水を止める。止水栓の開け閉めは、マイナスドライバーを使うタイプとハンドルを回すタイプがある。掃除が終わって止水栓を開くときのために、現状のゆるさを覚えながら閉めるといい。

2.トイレタンクのフタを外す

トイレタンクのフタには、手洗い管があるタイプとないタイプがある。手洗い管がないタイプは、フタを持ち上げて外すだけだ。手洗い管があるタイプでも、持ち上げるだけで外れるものもあるが、そうでないものは給水管との接続部分を外す必要がある。フタを少し持ち上げて、フタと給水管の接続部のナットを反時計回りに回して外す。

3.フタの掃除

フタは、中性洗剤を付けたスポンジでこすり、細かい部分は歯ブラシで掃除して、水で濡らした雑巾でふき取る。水受けに付いた水アカが落ちない場合にはクエン酸を使う。クエン酸水(水200mLに小さじ1の割合)をトイレットペーパーなどに含ませて水アカにかぶせ、1時間ほど置いたあとこすり落とし、水ぶきしてクエン酸をふき取ろう。

4.タンク内の掃除

中ブタが付いている場合は外し、中性洗剤とスポンジなどで掃除し、水洗いする。タンク内の掃除をする際は、洗浄レバーを回して排水し、タンクを空にしてから行なおう。汚れに中性洗剤をかけ、スポンジやブラシ、歯ブラシなどでこすって洗う。全体を洗うことができたら、バケツなどを使って水をかけ、洗剤を洗い流す。

スポンジなどでは落ちない頑固な汚れは、重曹の粉を歯ブラシに付けて汚れをこすってみよう。それでも落ちない場合は、1,000番くらいの耐水性のサンドペーパーを使う方法もある。ただ、タンクに傷が付いてしまうおそれがあるので、注意が必要だ。

5.フタと止水栓を戻す

中ブタを戻し、フタをする。手洗い管があるフタは、給水管とつないでナットを時計回りに回して取り付ける。止水栓を元のようにゆるめ、2~3回水を流してタンクの中の洗剤を洗い流。

4.重曹を使ってトイレタンクの汚れを予防しよう

トイレタンクをきれいに掃除したら、汚れの予防もしておきたい。カップ1杯くらいの重曹の粉をトイレタンクに入れ、6時間以上放置したあと水を流すだけだ。外出前や就寝前など、しばらくトイレを使用しない時間を利用して、重曹で浸け置き洗いができるのだ。

消臭効果やタンパク質を分解する効果がある重曹が、臭いや黒ずみを予防してくれる。重曹はアルカリ性だが、ごく弱いアルカリ性なので、トイレタンクでも使用できるのだ。

結論

トイレタンクは中に細かい部品が入っているので、掃除がしづらいかもしれない。不安であれば、専門業者にまかせるのもいい。しかし、自分で掃除できるのであればこまめに掃除できるので、業者に依頼するより安上がりだ。ぜひ、トイレタンクの掃除を、自分でできるようにチャレンジしてほしい。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ