「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

「お金が貯まる」家庭が年1回心がけていること!夫婦円満の秘訣にも

2019/7/1 11:23 ウレぴあ総研

上手にお金を使っていくためには成りゆきに任せず、きちんと管理して今後の計画を立てていくことが大切です。

特に子育て世代にとっては教育費や住宅の購入等、人生の中でも大きな支出が見込まれることから、管理がうまくいくかどうかが将来的な生活にも影響します。

その一方で家計の支出や収入は、自分だけでなく家族全員が関わってくることなので、人数が多い分、管理していくのが難しくなります。

そんな家計管理をうまく進めていくために、我が家で行っている家計報告会についてご紹介していきたいと思います。

家計「管理」は誰が担っている?

共働きでそれぞれがどんな出費を担うか決めて共同で管理しているご家庭ももちろんありますが、管理は主に妻か夫のどちらか一方が担っているという場合が多いです。

日常的な買い物の機会の多い方だったり、お金の計算や記録が得意な方だったりと、どちらかに一方に任せる理由もあるでしょうし、特に誰が担うべきということはなく、それぞれの事情にあわせて管理していけばよいでしょう。

参考までに我が家では、職業柄お金の得意な私(妻)が家計全体の管理を行っています。

収入は夫の方が多いですがそこからの収支もあわせて全て任されているため、その責任もあり行っているのが年1回の家計報告会です。

家計報告会で情報共有

片方が管理を担っているともう片方は任せきりになり、何にどれくらい使われているのか、これからどのような課題があって備えていかなければならないのか等が見えなくなりがちです。

また共同で管理している場合でも、分担を決めていると自分が担っていること以外には目が向かず、自分の方に余裕があると他方のやりくりがきつくなってきていても気付かずについ使ってしまいがちにもなります。

管理はどちらが担っているかによらず、家計そのものは家族みんなで成り立たせているものです。

家計報告会では1年間にそれぞれどれくらいの収入があったか、どんなことにどれくらい使ってきたか、増えてきた支出やこれから何が増える見込みか等を知らせ、今後の課題やそのための準備や対策について話し合います。

年1回とはいえ、この報告会のおかげで我が家の家計について、いい面も課題も情報共有化し自分事としてお互いに取り組んでいるのです。

家計報告会の効果

家計報告会で情報共有化を行うと、課題に力をあわせて取り組めるようになるというのが一番の効果ですが、他にも良い面があります。

我が家の家計についてきちんと報告することで、お互いに疑心暗鬼になったり不満を募らせたりすることが少なくなっているように思います。

必要なことに払っていることでも、自分の分からないところでお金が使われていると、「好き勝手に無駄使いしているんじゃないか?」と思われることもあります。

また一生懸命家計のやりくりをしているのに、そのことがわかるように伝わっていないと「私ばかり頑張っていて協力してくれない」といった不満も持ちがちになるのではないでしょうか。

情報を共有化して認識をあわせておくことで、そういうもやもやした感情も少なくなります。するとお金の管理も安心して任せることができ、たまに少し大きな買い物が必要になっても堂々と使えるようになりました。

定期的な見直しにも役立てよう

今まではちょうどよいバランスできていた家計でも、年と共に支出の内容も変わりいつの間にかバランスが崩れてしまうこともあります。

特に共働きで家賃や食費や教育費等をそれぞれ分担しておいたような場合には、子供が大きくなり教育費や食費が多くかかるようになったのにそれを担っている方の収入はそれほど伸びずに一方の負担ばかり大きくなってしまっていることもあるでしょう。

定期的に家計報告会を行うことは、収入と支出の全体バランスを確認し、今後どうしていくか見直すことにも役立ちます。

家計管理は今がどうなっているか把握して、今後どうしていくかを決めていくことが大切です。

家計報告会はそれを家族で取り組むためのよいきっかけになりますので、大変そうと思う人もいるかもしれませんが、年1回くらいはトライしてみることお奨めします。

柴田千青

キッズ・マネー・ステーション認定講師・1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP®。出産退職を機にメーカーの技術職からファイナンシャルプランナーに転身。金銭教育を中心に、ワークショップやセミナー講師や執筆を行っている二児の母。

(ハピママ*/キッズ・マネー・ステーション)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ