「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

婚約者を捨てて新しい彼女と結婚した義理の兄 略奪愛をした人のその後とは…

2019/6/30 06:16 しらべぇ

(fizkes/iStock/Thinkstock/画像はイメージです) (fizkes/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

好きになってしまった相手に恋人や婚約者、結婚相手がいたらどうするだろうか。諦めて他の人を探すか、それとも別れさせて奪ってしまうか…。

今回、女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』では、「略奪愛」についての相談が寄せられている。

 

■婚約中に知り合った女性と…

去年の冬に婚約破棄をし、もうすぐ新しい彼女と結婚する義理の兄。婚約期間中に知り合い中を深めたという2人に対し、投稿者の女性は「最悪です」と嫌悪感を抱いている。

結婚後、女性が住んでいる場所の近所に住むようで何かと関わることがあるのではないかと予想する相談者は、「お祝いを渡すのも、そんな人達と親戚なのも嫌だ」とこれからの付き合い方に悩んでいるようだ。

最後に「身近に略奪婚がいる方、その後の関わり方や、逆にイメージアップした事などはありますか?」「略奪婚したひとたちのその後も知りたいです」と、ユーザーへ意見を求めた。

 

■周りの「略奪愛」経験者は

「略奪愛」は、当人同士は幸せかもしれないが、心に傷を負う人が出るのも事実。「因果応報」という言葉の通り、ユーザーの周りでは「不幸になった」という人も多いようだ。

「不幸になったわ、案の定。 周りを全て不幸にしたから当然よね」

 

「同僚がダブル不倫の末に離婚してその相手と再婚したけど直ぐに別れてたよ。結局同じこと繰り返す」

 

一方で、順調に幸せな家庭を築いている人も。

「友人が略奪婚したけど今年のクリスマス時期に子供が産まれる。旦那とも仲よさそう」

 

「知り合いで略奪婚した人がいるけど正直今の夫婦の方がお似合いな気がする。嫌味とかじゃなく、多分相性良いんだと思う」

 

■恋人を奪われた経験は…

しらべぇ編集部が、全国20代~60代の過去に恋人がいたことがある男女974名を対象に「恋人を友人に取られたことがあるか」調査を実施。その結果を男女年代別に見てみると、もっとも略奪された経験を持つのは20代男性で13.3%。同年代の女性と比べると8ポイント近くの差がつく結果となった。
恋人

義理の兄に対してかなりの嫌悪感を抱いてしまっている投稿者の女性。近所に住むとなると、2人を遠ざけることはなかなか難しそうだ。

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」対象:全国20代~60代の過去に恋人がいたことがある男女974名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント50

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ