「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

プレママアナ、先輩ママが教えてくれた「妊娠中にすべきこと」に驚愕 その内容は…

2019/6/29 16:41 しらべぇ

(Jaengpeng/iStock/Thinkstock/写真はイメージです) (Jaengpeng/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

出産後の生活は、いくら想像しても完璧には想像しきれないもの。だからこそ出産前のプレママたちは経験者に話を聞きたいと思うものだが、中には予想外のアドバイスをしてくる人も。

フリーアナウンサー・眞田佳織が、自身のブログで母親学級で驚いてしまったという、先輩ママの発言について綴った。

 

■区の母親学級に参加

この日、「母親学級、卒業。」というタイトルでブログを更新した眞田。朝から区の母親学級へ行って来たそうで、自称・臆病な彼女は「不安すぎて、産院のクラスも有名ベビーメーカーのクラスも区のクラスも受けました」と告白。

そして、参加したクラスに「同じ区に住む、3ヶ月のお子さんを持つママさんたち数十人とその赤子たち…!」がゲストとして来てくれたと綴る。

 

■「寿司屋に行くべき!」

彼女たちから「出産の様子」「産後1ヶ月の暮らし」「妊娠中にやっておいたほうが良いこと」などを聞くことになった眞田。

その中で先輩ママのひとりが「妊娠中にやっておいたほうが良いこと」として「寿司屋に行くべき! 赤ちゃんができたら寿司屋なんて行けないから! 夜だと10万円くらいかかるけど、ほら昼なら1万円程度でいけるじゃない?」と言ってきたという。

■「赤ちゃんおらんくても行けへん笑」

たしかに回らない寿司屋に、小さな子供連れで行くのは難しい。いつ泣き出すかわからない赤ちゃんとなると、入店を断られる可能性もあるだろう。

そんな先輩ママのアドバイスに対し、眞田は「ぃい一万円の寿司てどないだけ質がいいの」「赤ちゃんおらんくても行けへん笑」と反応。豪快さに驚きつつ、「はーすごいなー母親って」「あと3ヶ月したら私もああなるんかな。なれるんかな」と綴ったのだった。

 

■8割が「回転寿司が好き」

金銭感覚が庶民派なのか、出産前でも1万円の寿司屋には足を運べない様子の眞田。回らない寿司屋ではなく、回転寿司派なのかも。

ちなみに、しらべぇ編集部では全国の20代~60代の男女1,342名に、回転寿司に関する調査を実施。その結果、「大好き」と答えた人は28.5%、「まあまあ好き」は48.8%で、回転寿司が好きと感じている人は77.3%。8割近くが、「好き」と回答していた。

小さな子供がいると、お出かけの範囲もどうしても狭まってしまう。高級寿司屋というのは少々極端な例だが、「行きたい場所には行けるうちに行っておく」のが大事なのは間違いないだろう。

(文/しらべぇ編集部・倉本薫子)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月29日
対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント23

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ