「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』に出演した間宮祥太朗が、心から楽しい!と思えるものに出合えた理由とは?~その1~

2019/6/28 10:30 Suits-woman.jp

小学館「ベツコミ フラワーコミックス」に連載された相原実貴による漫画を、『溺れるナイフ』で注目された山戸結希監督が実写映画化した『ホットギミック ガールミーツボーイ』。ヒロインの成田初(はつみ)役には乃木坂46の次世代エース、 堀未央奈。ごく平凡な女子高生が、3人の男子の間で揺れまくるというギリギリな青春ラブストーリーです。この映画で、恋心を胸に秘めてやさしく妹を見守る成田凌(しのぐ)を間宮祥太朗が演じています。『ライチ☆光クラブ』『ニーチェ先生』『帝一の國』から朝ドラ『半分、青い。』(NHK)まで、演じる役柄の幅を着実に広げ続ける彼に、心から楽しい!と思えるものに出合えた理由を聞きました。

『ホットギミック ガールミーツボーイ』 ©相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

『ホットギミック ガールミーツボーイ』
(配給:東映)●監督・脚本:山戸結希 ●出演:堀未央奈 清水尋也 板垣瑞生/間宮祥太朗 桜田ひより 上村海成 吉川愛 志磨遼平 黒沢あすか 高橋和也 反町隆史 吉岡里帆 
●6月28日より全国ロードショー

(あらすじ)
女子高生の成田初(堀未央奈)は両親とやさしい兄の凌(間宮祥太朗)、恋愛に積極的な妹の茜(桜田ひより)と暮らす。ある日、同じマンションに住む橘亮輝(清水尋也)に弱みを握られ、無茶な命令に振り回されることに。そこへ数年前に突然引っ越し、いまは人気モデルとして活躍する幼なじみの小田切梓(板垣瑞生)が戻ってくる。さらに兄の凌には、初の知らない秘密があった。

■セオリー通りではない撮影現場

『ホットギミック ガールミーツボーイ』で演じられた成田凌という役名は、プライベートで親交があるという俳優さんと字面が同じですよね?

「最初は、ギャグかな? と。それで凌(りょう)がやればいいのに!と思いました。“しのぐ”と読むことを知らなかったので……でもまあそういう役名なだけであって、誰がやろうと関係ないし!と(笑)」

役柄について、台本からすぐにイメージできましたか?

「先に原作の漫画を読んでいたのでもう少しポップな、カワイイ感じになるのかな?と思っていたんです。でも監督は山戸さんなので。現場に入ったらそんなポップさ、原作の雰囲気や少女漫画らしさのようなものはありませんでした。それで漫画だからこそライトに受け止められる描写も、生身の人間が演じるとショッキングに映るところもあるな、と思ったりしましたね」

映画を観ると映像のインパクトが大きかったので、実際の台本の印象はどうだったのかと思ったのですが?

「特に想像しませんでした。『溺れるナイフ』を観たり、山戸監督はどんな方でどんな演出をされるのか? 前情報を得ていくなかで、撮影現場はきっとセオリー通りにはならない気がしていて。“こういうふうに撮るだろうな”“こんなシーンになるだろう”という想像はいっさいしませんでした。それで実際、セオリー通りにはならなかったんですよね、台本通りではないというか。完成稿が上がってからも、山戸さんは台本を書き続けていました。どんどん変わっていったので、この完成稿だけを頼りにする必要はないなと」

役柄が、ご自身に寄っていったということですか?

「いやどうでしょう?それは監督に聞かないとわかりません。“間宮君が演じるから”というより、“こう描く方がよりよくなるかも”ということかも。なにかをドン!と決めて撮り進めるというより、“こっち?”“いや、こうした方が”等と、絶えず思考しながら撮影していきました」

成田凌という、まずは役名にビックリ!

■女の子の好みは、「人として合うかどうか」

17歳の初は精神的にぎりぎりの綱渡りをするような毎日で、恋愛にも翻弄されっぱなしでフラフラですよね。ご自身は女の子でもなく、既に二十代半ばで。ティーン独特の不安定な時期を過ぎていますが、初の心情を理解することは出来ましたか?

「十代の女の子で恋愛をしたことがなく、みんなのことを好きだし好かれているけど、どうしよう? という状況で。あんなふうになるのはもう……しょうがない! という感じですよね。もし僕自身が生きている人生に初という子がいたとしても、気にも止めないだろうと思いますけど」

え、「気にも止めない」のですか?

「あまり関わりたくない」

面倒くさそう、と?

「そう(笑)。同級生の亮輝と幼なじみの梓と兄の凌とのどろどろ、いやそうしたやりとりのなかに入りたくは……。僕自身はどちらかというと、そうしたところに立ち入らないタイプで。十代のころにあるコミュニティにいて誰かと好きな人がカブるとか、あっちとつき合ってた子がこんどはこっちとつき合って、いまはこことそこが気まづいとか。女の子同士だとどうしてもモテる子へのひがみがあって、アイツ仲間はずれにしよう!みたいなことが起きたりすると、傍らで見ていてもちょっと……と思ってしまって。だからこの映画の関係性のなかに自分がいたらあまり関わろうとせず、別のところへ目を向けていたと思います」

初という女の子の印象は?

「亮輝や梓からしたら同世代だし幼なじみだからまた違うかもしれませんが、一般的に男の人が初のような女の子を“いいな”と思うのは、その処女性だと思うんです。世間を知らず、何ものにも染まっていないところ。出会うものすべてを真新しく感じる純粋さ、そうした美しさに惹かれるんじゃないかと。でも僕自身はそうした感覚がありません。『アイデン&ティティ』の麻生久美子さんとか、十代前半から年上の女優さんが好きだったんです。いろいろなことを知っていそうで、余裕があって。そうした女性に憧れを抱いたので、好みのタイプがそもそも初とは真逆なんですよね」

凌は初になかなか自分の想いを伝えられませんが、ご自身は好きな人が出来たら自分から告白出来ますか?

「出来ます。別にそれほど照れたりしないので。どちらかというと、すぐに告白する方だと思います」

女性をいいなと思うのはどんな瞬間ですか?

「う~ん……つき合ってもらうために外堀を埋め、信用してもらい、いかにも無害で、僕とつき合うと幸せになれますよ! というポーズをとりつつ一歩一歩距離をつめていく、みたいなことはしません。出来ないし(笑)。女の子だからどういう人が好きというより、人として自分と合うかどうか。それしか考えないかもしれませんね」

「十代前半から、年上の女優さんに憧れていました」。

 

間宮祥太朗さんが、心から楽しい!と思えることに出合えた理由とは? ~その2~に続きます。

文・浅見祥子 撮影/黒石あみ

衣装協力/weac.、[Milok]
津野真吾(impiger)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ