「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

時短料理、殿堂入りレシピ対応…食事のクオリティをアップさせる最新家電3選

2019/6/27 15:50 日刊SPA!

【パナソニック SR-MP300】 【パナソニック SR-MP300】

 待ちに待った夏のボーナスの時期だ!普段は欲しくてもなかなか手を出せない最新の家電をゲットする格好のタイミングだ。そこで、家電ライターのコヤマタカヒロ氏に、この夏に買うべき最新調理家電を聞いた!

◆安くてコンパクトなのにハイスペックなすごいやつ

 まずは、パナソニックの「電気圧力なべ SR-MP300」。

「圧力調理ができるので短時間で多彩な調理が可能。例えば、豚の角煮などは従来の3分の1、わずか60分で肉がホロホロになります。調理も簡単で、食材を投入してスイッチを入れるだけ。あとはほったらかしで出来上がります。

 無水調理にも対応。これからの暑い季節、ガスコンロの前に立って長時間の調理をするのは苦痛です。しかし、これさえあればコンロに張りつく必要もなく、室温が上がってしまうこともありません。低価格ながら、十分な機能を備えている優れもの。卓上に置くことができるコンパクトサイズなのも◎」

【パナソニック SR-MP300】
無水調理に対応。食材を生かし旨みがたっぷり引き出された料理が楽しめる。他の電気鍋と比べてコンパクトなのも魅力。それでいてカレーなら4~5人分作れるほど容量も十分
実勢価格:2万9800円
サイズ:W292×D278×H270(mm)
重量:3.6kg

◆クックパッドの殿堂入りレシピをオートメニューとして完備!

 お次は、日立の「スマホ連携オーブンレンジMRO-W10X」だ。

「最大の特徴は、“Wスキャン調理機能”です。食材の温度と重さを自動的に測り、火加減おまかせで調理ができます。この機能を搭載するオーブンレンジは、他のメーカーを見渡しても日立のみ。1人分でも2人分でも適切な加熱ができます。

 料理をする際、クックパッドなどのレシピを参考にする方も多いと思いますが、この製品はクックパッドで殿堂入りした30レシピを自動調理してくれます。アプリでレシピ検索して、本体に送る“コネクテッド機能”で料理の幅は無限大です」

【日立 MRO-W10X】
「トマトで煮込んだロールキャベツ」、「簡単うちの肉じゃが」、「やみつき無限ピーマン」など、フライパンや鍋で作るクックパッドのレシピも作ることができてしまう
実勢価格:12万7440円
サイズ:W497×D442×H375(mm)
重量:約18kg

◆東芝独自の“真空機能”と“甘炊き機能”が◎

 ラストは、東芝の炊飯器「RC-10VRN」を紹介しよう。

「3万円以下で買えるスタンダードタイプの炊飯器。昨今流行の高級炊飯器に比べて安価にもかかわらず、スペックは優秀です。東芝ならではの“真空機能”を搭載しており、お米にしっかりと吸水させることが可能。これまた東芝ならではの“甘炊き機能”を有しており、お米の持つ甘みをしっかりと引き出してくれます。さらに、お米の旨みを存分に味わえる、かまどのような熱対流を実現。また、玄米や麦ご飯コースなどもあり、健康的な食事にも役立てられます。冷めてもおいしい“お弁当コース”も非常に便利ですね」

 最新家電といえば、その“買いどき”が悩みどころだ。

「今年10月に予定されている消費増税などもあり、この夏のボーナス商戦は大きく盛り上がることが予想されます。大型や高額商品が狙い目だと言えるでしょう」

【東芝ホームテクノ RC-10VRN】
好みに合わせて選べる食感炊き分け機能を搭載。また、芯までしっかり浸して甘みを引き出すので、固くならず冷めてもおいしく食べられる。真空技術で炊飯時間も短縮された
実勢価格:2万9790円
サイズ:W264×D327×H217(mm)
重量:4.7kg

 一瞬「高い」と思うような価格帯でも、毎日の食事のクオリティに直結すると思えば決して高すぎる買い物とは言えない。今回紹介したような最新調理家電を活用し、簡単でおいしい食生活を送ってみてはいかがだろうか?

<取材・文/加藤純平(ミドルマン) 撮影/八尋研吾>
※価格はビックカメラ調べ(’19年5月27日現在)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ