「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

経済規模8600億円に? 昆虫食が当たり前になる未来

2019/6/27 22:00 ギズモード・ジャパン

Image: shutterstock Image: shutterstock

テレビで「え、虫食べるの?! えぇぇぇ!」なんて無くなります。えぇぇ!なんて言うこともなく、ご家庭でパクパク。

ロンドンの金融グループBarclaysが先日公開したレポートによれば、今、昆虫食業界がアツい! 今年10億ドル弱(約1079億円)程度という昆虫食経済効果は、2030年までにその8倍の80億ドル(約8637億円)にまで成長する可能性があるといいます。国連食糧農業機関も昆虫食を推奨。成長の理由は、世界の人口増加にともなう新たなプロテインとしての注目度。そして、ジェネレーションZと呼ばれる若い世代はエコへの関心が強く、サステナブルな食料として昆虫食に感じる抵抗も少ないだろうというのがBarclaysの見解。お肉の代わりとなるベジミートも、若者にとっては当たり前。

ネタ元のBusiness Insiderによれば、すでに自然食品を扱う米スーパーWhole Foodsなどで、昆虫食アイテムの取り扱いが始まっているといいます。環境への関心が高く、比較的高い品物を取り扱うスーパーで買い物する人ほど、昆虫食へ興味も高く、アーリーアダプタとなっているってことですよね。Barclaysのレポートでは「寿司がメインストリームな食べ物へと変化を遂げたように」と綴られていますが、日本人としてはお寿司と虫を一緒にされるのは複雑な心境。でも、そういうことなんですね。文化によって、美味とゲテモノは紙一重。つまり、昆虫食=ゲテモノという考えは古いってことか。

虫食べたことあります? 食べてもいいなって思います? 近い将来、当たり前になるかもしれない昆虫食、虫が苦手な人は心の準備を始めておきましょう。

Source: Business Insider

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント5

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ