「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

「現役にして伝説のライダー」バレンティーノ・ロッシのすごさとは

2019/6/26 18:16 SPAIA

バレンティーノ・ロッシ バレンティーノ・ロッシ

世界で最も有名で人気のあるライダー

2輪ロードレースの最高峰MotoGPは1949年からWGP(ロードレース世界選手権)として始まり、今年で70周年を迎えた。これまでに数多くの世界チャンピオン、名ライダーが誕生した。その中でも有名なのが、バレンティーノ・ロッシ。現役にしてモーターサイクルの歴史上、最も偉大なライダーとの呼び声が高い。名選手、伝説、彼の呼び方はどれも最上級の言葉ばかりだ。

1996年に世界選手権にデビューし、現在2019年までの間、世界チャンピオンに9回輝き、今年40歳になってもチャンピオン争いを行っているまさに鉄人である。

1997年に125cc、1999年に250cc、2001年に最高峰500ccのチャンピオンを獲得、2002年からWGP500ccクラスからMotoGPクラスに変わってからもロッシは頂点に君臨し続けた。2001年から5年連続で世界王者になり、2006年、2007年はチャンピオンにあと一歩届かなかったが、2008年、2009年に再び世界チャンピオンに輝いた。

以来、チャンピオンからは遠ざかってはいるが、ドゥカティ時代の2年間(2011年〜2012年)を除けば、常にランキング上位でシーズンを終えている。現在ロッシの優勝回数は115回、表彰台に登った回数は234回(共に全クラス通じての記録)と長く参戦しているだけではなく、常にトップライダーとして活躍していることがこの数字から見て取れるだろう。

全てを支配していたロッシ

モータースポーツに限ったことではないが、どのスポーツにも絶対的なスター選手がいる。彼らの実力はもちろん、すごいところは全てを支配している事だ。

例えば、かつてF1を支配したミハエル・シューマッハは1強だった時代(2001年〜2004年)に彼の走らせ方、セッティング、タイヤでないと他の選手も勝負にならなかったのだ。

つまり、自らのスタイルをF1界全体のトレンドにしたのだ。現在のMotoGPでいうとマルク・マルケスがそれに当たる。全てを味方にすることも、突き抜けた存在になるために必要な能力ではないだろうか。

ロッシが圧倒的な強さをみせた2001年〜2005年もそうだった。足出し走法も彼が編み出したライディングスタイルであり、一気にMotoGP界、はたまた世界中の2輪レースのトレンドになった。

しかし、それ以降は若いライダーの台頭やレギュレーションの変更により、これまでのやり方では勝てなくなった。ここからロッシは、これまで確立させてきたライディングスタイルを変更し、その時代に合わせた。 今までMotoGP界に君臨した選手が、自分のスタイルを捨てた勇気もまた称賛に値する。

自分のスタイルを変えることはライダーにとって恐怖であり、難題と言えるのではないだろうか。しかし、この難題に取り組めるのはデビュー当時から変わらないレースへの情熱があってこそだと思う。ロッシの才能はマシンのセッティング能力、天性のライディングスキルなど挙げれば切りがないが、一番は20年以上レースを愛し、情熱を持ち続けていること、そして飽くなき勝利への執念なのだろう。

「最速」ではなく「最強」と呼ばれる理由とは?

ロッシのライディングスタイルを物語るデータがある。それは予選結果だ。優勝回数が115回に対し、ポールポジションの回数は65回と意外と少ないことがわかる。予選で一番速いということは自身のスピードを象徴するものであり、他のライダーに対して自分の強さを誇示する有効な手段である。では、ポールポジションの数が比較的少ないロッシは速くないのかと言えばそれはNOだ。

予選で速さを見せることも重要だが、大事なのはあくまで決勝の結果である。そのためフリー走行だけでなく、予選も決勝のセットアップの時間に充てるのだ。たとえ予選で下位に沈んだとしても、決勝に合わせ込んだセッティングと持ち味の勝負強さでレースが終わってみれば優勝、もしくは表彰台圏内でフィニッシュしている。

キャリアが長いベテランらしい戦い方にも見えるが、ロッシは20代前半からこのような戦術を用いている。これが、ロッシが「最速」ではなく「最強」と呼ばれる理由なのかもしれない。

前人未到の記録まであと7勝

数々の記録を更新し、「生きる伝説」と呼ばれるロッシにもまだ超えていない記録がある。それは、ロッシと同じイタリア出身の伝説のライダー、ジャコモ・アゴスチーニが記録した122勝という大記録だ。

アゴスチーニは獲得した世界タイトルが15回(ロッシは9回)という歴史上で最も成功したライダーであるが、この先、破られることはないと思われていた通算122勝にロッシはあと7勝まで迫っている。

この大記録を破ってほしいと世界中のファンが望んでいる。今年40歳とは言え、少なくとも記録を更新するまでは引退してほしくないと思っているファンも多いのではないだろうか。 ベテランになっても、ロッシから目が離せない。

記事:河村大志

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ