「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

この三脚付き自撮り棒、神すぎる! Amazonで買った三脚&リモコン&三脚ネジ付き「HUMIXX」に自撮り棒の進化を見た

2019/6/25 06:30 ロケットニュース24

大の自撮り好きというわけではないが、仕事的に自撮り撮影をすることが多いので、カバンの中には常に自撮り棒が入っている。それも単なる自撮り棒ではなく、通称「三脚付き自撮り棒」と言われるタイプの自撮り棒だ。

三脚付き自撮り棒の便利さについてはだいぶ前に記事で熱弁したが、その後も愛は冷めることなく、壊れては買い替え、イイなと思ったのがあれば買い替えて……と、地味にアップデートを繰り返していた……のだが!

このたび買い替えた三脚付き自撮り棒「HUMIXX」の出来の良さたるや、そんじょそこらのアップデートどころの話ではなく、感動のあまり失神しそうになったほど。まさに、進化。自撮り棒の進化が、そこにはあった。

私がAmazonで購入したのは、「【Humixx】自撮り棒 セルカ棒 三脚&分離可能 ワイヤレスリモコンシャッター 360度回転 iPhone/Android/Goproカメラ対応」で、購入価格は2999円。自撮り棒としては少々お高い価格設定だ。

箱の中には、本体、ケース、USBケーブルに説明書が入っているのだが……

まず、その軽さに驚いた。計量してみると……

180グラム!!

一方、もうかれこれ2年ほど使い込んでいる愛用の自撮り棒と重さを比べてみると……

320グラム……。圧倒的に「HUMIXX」のほうが軽いことがわかる。

しかも……

圧倒的にコンパクト……!

もうこの時点で勝負アリなのだが、感動まだ続く。

まず、スマホを固定するパーツは、360度グルグル回る。ヨコ撮影もタテ撮影もOKだ。「まわれ右!」もできるし、おじぎもOK、のけぞりも自由自在。運動神経はバツグンだ。

また、グリップ部分を開くと……

三脚になる。しかも……

けっこうしっかり立つ。

そして肝心の「長さ」だが……

十分である。

スペック表によると68cmまで伸びるとのことだが、このくらいあれば十分。

以前までの自撮り棒よりは短くなるが、逆に……

たわまない。これ大事。

さらに……

グリップ部分にあるBluetoothのシャッターボタンは……

スライドすれば……

分離可能!

とどめとばかりに、首部分の下にある謎のネジを……

グルリと回すと……

まさかの三脚ネジになっているから……

三脚穴を使う小型のカメラは無論のこと……

低い高さなら、なんと一眼レフもイケちゃう!

つまるところ、「圧倒的に軽くて強くてしっかり自立するうえ、三脚穴にも対応している!」といった三脚付き自撮り棒なのだ。こんな神すぎる自撮り棒あるかっ! 神ッ!!

<完>

参照元:Amazon
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

▼三脚付き自撮り棒についての熱弁はこちら

▼100均の三脚付き自撮り棒についても熱弁

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ