「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

レーン騎手が好騎乗で宝塚記念V 先週のレースをSPAIA予想陣の結果とともに振り返る

2019/6/24 11:05 SPAIA

宝塚記念を勝ったレーン騎手Ⓒ三木俊幸 宝塚記念を勝ったレーン騎手Ⓒ三木俊幸

レーン騎手の見事な騎乗が光る

6月23日、阪神競馬場で行われたグランプリ宝塚記念。今年はGⅠ馬6頭を含む12頭によって争われた。SPAIA予想陣の見解は三者三様だったが、果たして結果はどうだったのか。レースを振り返っていこう。

内から気合いをつけてキセキがハナへ。今日は果敢に先行策を見せたリスグラシューが2番手、3番手にアルアインとスワーヴリチャードが並ぶ隊列で前半1000mを1:00.0で通過。

直線に向かいキセキが逃げ切りを図ろうとするが、その外からリスグラシューがかわし、最後は3馬身差をつけての優勝。先行するタイプでない同馬を、思い切って2番手に付けた、レーン騎手の好騎乗が光るレースとなった。

勝ちタイムは2:10.8だった。3着にはスワーヴリチャードが入り、先行した各馬による決着となった。

これでリスグラシューは、牝馬として史上4頭目の宝塚記念制覇。鞍上のダミアン・レーン騎手は、ヴィクトリアマイルに続いてGⅠ2勝目。JRAでの短期免許は今月の25日までとなっており、見事に有終の美を飾った。

SPAIA予想陣の結果はというと、雨が降ることを想定した予想をしたものの、実際雨は降らず…。レース前からイレ込んでいたレイデオロは伸びを欠き5着、クリンチャーは8着、エタリオウは9着に終わり、全員外れてしまった。

《予想記事》【宝塚記念】勝利の合言葉は「エタリオウ」 梅雨時季で雨にもご注意を
《予想記事》宝塚記念は”一歩足りない馬”が活躍できるレース
《予想記事》【宝塚記念】上がり平均は35.3 スタミナ比べの馬場に合うのは?
《予想記事》【宝塚記念】SPAIA競馬討論会 穴をあけるのはGⅠ善戦組?

想定外の土砂降りに

6月22日の東京競馬場は宝塚記念とは逆に、想定していたよりも早く雨が降りだし、午後からは土砂降りに。メインレースのアハルテケSは重馬場での競馬となった。

1番人気に推されていたのは、レーン騎手騎乗のゴライアス、予想コラムで本命としたナムラミラクルは3番人気だった。

ナムラミラクルのパドックⒸ三木俊幸

Ⓒ三木俊幸

ポンと好スタートを切ったレッドゲルニカとタイセイパルサーによるハナ争いが3コーナー過ぎまで続いたが、最終的にはレッドゲルニカがペースを作る形で縦長の隊列でレースは進んでいく。

直線に向いてタガノディグオ、ゴライアスあたりも先頭をうかがおうとするが、道中は中団よりやや後方に位置していた4番人気ワンダーリーデルが一気に先頭へと躍り出て完勝。

その後から、12番人気のサトノアッシュ、13番人気のノーブルサターンも追い上げを見せたが、及ばず。ワンダーリーデルが2 1/2馬身差をつけて快勝した。

アハルテケSを勝ったワンダーリーデルⒸ三木俊幸

Ⓒ三木俊幸

本命のナムラミラクルは好スタートを切ったが、控えたため内でもまれるレースとなってしまい12着に敗戦。まさかここまで土砂降りになるとは全く想定しておらず、しかもレースの時になると激しい雨が降るという天気には参ってしまった。

馬券ともども、想定外の天気に悩まされた週末だった。

《予想記事》【アハルテケS】「東京ダート1600m」「上がりのかかる馬場」にぴったりな本命馬は?

記事:SPAIA編集部

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ