クソロボットの女王、テスラ「Model 3」をピックアップに魔改造&ニセCMを作る

2019/6/24 08:05 ギズモード・ジャパン

Image: The Awesomer Image: The Awesomer

自腹で買って初日に10円パンチ

使えないメカばかりを開発するので、自らを「クソロボットの女王」と名乗る、おもしろ発明家シモーネ・ギールツさん。ホントにどーしょーもない、笑えるビックリドッキリメカばかりを作ってきた彼女ですが、たまにイカしたものも作るんです。

Truck x Tesla =「TRUCKLA」

それが、電気自動車Teslaの「Model 3」の後部座席をブった斬ってピックアップにしてしまおう! という魔改造計画で生まれた「TRUCKLA」。今年の後半にTeslaから公式のピックアップ・トラックが発表されるはずなのですが、それまで待てない! EVが欲しい! Teslaが欲しい! という理由で作り上げてしまいました。

TESLARATIより、イーロン・マスクに挑戦する彼女と、仲間たちが奮闘する様子をどうぞ。

「Model 3」が選ばれた理由

こうしていくつものデザイン案や試行錯誤を経て、シボレーの「エル・カミーノ」やフォードの「ランチェロ」のような、2シーターで後ろ半分がトラックが爆誕。Tesla Model 3が改造のベースに選ばれたのは、シャーシがアルミではなく鉄製だからというのと、ヘタに高級モデルの中古を買うより新車でスタンダード・レンジ版を買ったほうが安いからとのこと。

しかし面白いのは、Teslaはアメ車なのにネジがインチではなくメトリックだった点です。スウェーデン人の彼女と仲間でドイツ人のローラさんは、「メトリックの方が優れているからじゃない?」という結論に達していたのはお国柄でしょうか。日本人としても賛同できるところです。

ソレっぽいニセCMも完成

さらにはニセCMまで制作してしまったシモーネさん。

「2019年最優秀フェイク・トラック賞」を受賞したそうです。果たして実際にTeslaからリリースされるモデルは、どんなものになるでしょうか? この「TRUCKLA」にインスパイアされていると面白いんですけどね。

View this post on Instagram

I got tired of waiting for Tesla to release their pickup truck, so I cut up my Model 3 and made my own. Link in bio! Thanks @laura_kampf and @richiebkidd and a thousand other people for helping make this happen! I love Truckla so much. I’m worried I’m turning into a gearhead. Pls send help. And wrenches.

A post shared by Simone Giertz (@simonegiertz) on Jun 18, 2019 at 9:02am PDT

Source: YouTube (1, 2) via TESLARATI, Instagram

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ