飲み会で女性に嫌われる「悪ノリ」9パターン

2019/6/24 10:00 スゴレン

飲み会で女性に嫌われる「悪ノリ」9パターン 飲み会で女性に嫌われる「悪ノリ」9パターン

お酒を飲むと気持ちが大胆になる男性は要注意。飲み会で酔った勢いに任せて調子に乗ると、女性にドン引きされたあげく要注意人物としてマークされてしまうことも…。そこで今回は、「オトメスゴレン」の女性読者に行ったアンケートを参考にして、「飲み会で女性に嫌われる『悪ノリ』9パターン」をご紹介いたします。

【1】ウケ狙いで服を脱ぎ、「どうだ!」と言わんばかりの顔をする。

「サイテー」(20代女性)というコメントに凝縮されているように、単なる下品な行為として一蹴されてしまいます。ラクに笑いが取れるからといって、女性の前で「脱ぎ芸」は禁物。強引に笑いを狙うよりも、女性を主役にするために話に耳を傾けてあげましょう。

【2】吐くまで飲んで、帰り際にグダグダになる。

「自己管理ができない男はダサい」(20代女性)というように、女性の本音は「心配<軽蔑」。基本的に女性を介抱する(守る)のが男性の役目であり、女性より先に酔い潰れたら「役立たず」扱いされても仕方ありません。「あと1杯」をガマンする習慣が必要かもしれません。

【3】上から目線100%で仕事のダメ出しをしてくる。

「勤務外の時間にまで、へこまされたくない」(20代女性)と、部下の反感を買うのがオチです。仕事のダメ出しは勤務時間内に済ませておき、アフター5の飲み会では褒めてあげるなど、最終的に女性が楽しく帰れるような配慮をしましょう。

【4】「ここぞ!」とばかりにストレートな下ネタを言う。

「オヤジっぽくてキモい」(30代女性)と、当たり前のように女性からドン引きされます。「酔っているからいいだろう」と考えるのは男性のエゴで、単なるエロ発言に喜ぶ女性は少ないはず。ギリギリラインの空気を読んだ表現ができない人は、下ネタは控えましょう。

【5】居酒屋のスタッフに偉そうな態度で接し、大物感をアピールする。

「信じらんない!! 冷たい人間なんだって思う」(20代女性)と、悪いイメージを強烈に植えつけてしまう可能性があります。俺様キャラより低姿勢キャラを意識して、居酒屋のスタッフには小まめに「ありがとう」「ごちそうさま」と声をかけましょう。

【6】ハイテンションで周囲に迷惑なほどの大声を出す。

「学生じゃないんだから…」(20代女性)と、幼稚なノリにあきれてしまうようです。飲み会の場を盛り上げたいときは、声の大きさよりも会話の質で勝負。女性が楽しめるようなネタを振って、女性からも話題を引き出してあげましょう。

【7】飲めば飲むほど強引なスキンシップをする。

「アルコールの力で距離感を縮めようとするな!」(20代女性)、「単なるセクハラだから!」(30代女性)というように、容赦ないダメ出しコメントが多数。酔いが回ったからといって、ろくに会話もしていない女性にスキンシップをするのは控えましょう。

【8】お酒を飲めない女性に無理やり飲ませようとする。

「飲ませようとする目的を疑う」(20代女性)など、下心があると思われるようです。お酒が飲めない女性には、さりげなくソフトドリンクやスイーツを勧めてあげるのがジェントルマンの行動。女性がその場の雰囲気に酔えるようにしてあげましょう。

【9】赤ちゃん言葉を使って甘えるなど、キャラが急激に変わる。

「勝手に本性をさらけ出されても困る」(30代女性)と、女性の許容範囲をオーバーしているようです。酔いが回るとキャラが急激に変わってしまう人は、あらかじめ相手の女性に断っておくか、信頼関係が築けるまでは飲み過ぎないように注意しましょう。

飲み会の場では、他にどんな「悪ノリ」が女性に嫌われるのでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント6

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ