「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

なにかを始めるときには人から教わる? 「YouTubeで十分」との声も

2019/6/23 11:01 しらべぇ

(west/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです) (west/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新しいことをなにか始めるときには、準備が必要である。目的にあった学校を探す人がいれば、参考書を買い込むタイプもいるだろう。

 

■3割が人から教わる

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,721名を対象に、「勉強や趣味について」の調査を実施。

なにかを始めるときには人に教わろうとすることが多いグラフ

「なにかを始めるときには人に教わろうとすることが多い」と答えた人は、全体で32.1%だった。

 

■一人暮らしをきっかけに料理教室へ

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

なにかを始めるときには人に教わろうとすることが多い性年代別グラフ

女性は他人から教わるのを好み、男性は自分で調べることを楽しむのだろう。

「料理をあまりしたことがないまま一人暮らしをして、なにもできない自分に気づいた。そこですぐに料理教室について調べて、会社の帰りに立ち寄りやすいところに通うことに。

 

今ではそれなりに料理の腕も上がってきたので、教室に通ったのは正解だったと思っている」(20代・女性)

■教わるだけで達成感がある

教わるために教室に通えば、もちろんお金がかかる。

「人から教わるには、知り合いでない限りはお金がかかる。お金をかけた分はがんばろうとするので、個人で勉強するよりも上達する気がする」(30代・男性)

 

教わることで、達成感を覚える人も。

「個人でちまちまとするより人から教わるほうが、ものすごくやっている雰囲気がある。そのため教えてもらったことだけで達成感を感じてしまい、個人での復習がおろそかになりそう」(40代・女性)

 

■料理教室のライバルはユーチューバー

人から教えてもらうのが、あまり好きではない人もいる。

「わざわざ人に教えてもらうのは気を遣うので、あまり好きではない。今はネットで調べれば、ほとんどのやり方がわかる便利な時代。人に聞くよりも、調べたほうが早いんじゃないのかな」(30代・女性)

 

インターネット動画の普及により、自分で調べる手間も少なくなった。

「料理の作り方の動画が好きで、時間があれば観ている。気になったレシピは自分でも作って、料理の幅も広がった。料理教室のライバルは、ユーチューバーかも」(40代・女性)

 

カルチャースクールなどにとって、インターネットは大きなライバルといえるだろう。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ