「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

初めての自然分娩、実母の立会いが心強かった話

2019/6/23 12:00 ママスタセレクト

写真:ママスタセレクト 写真:ママスタセレクト

001
一人目は無痛分娩、二人目は産院の方針もありましたが、私の希望で自然分娩にしました。

出産時の付き添いは「できれば一人で」と病院に言われていたので、「夫になると思います」と伝えてありました。
そして迎えた出産。夜中に陣痛が始まり、いつもと違うお腹の痛みで目覚めました。
当時、長女は妊娠をわかってか私にベッタリ。起きた時に私がいないと泣きじゃくりそうだったので、夫の運転で、応援に来ていた実母と寝ていた娘を乗せて向かいました。
002
夫に「もう少し下の方をさすってほしい…」と思っても、痛さで何も言えません。控え室から起きてしまった上の子の泣き声も聞こえてきます。実母は夫に上の子の面倒をお願いして、私についてくれることになりました。

003
さすが母、「そこです!」という場所をさすってくれます。そしてすぐさまいきみが始まったので、夫が間に合わず、実母の立会いとなりました。

私は、これまでにない痛みのせいか、両足が分娩台が大きく揺れるくらいにガクガクと震えます。まるで他人の身体のような感覚です。
助産師さんも驚いて、「ちょっと震えがひどくて危ないのでベルトで固定します!」と。

両足がベルトで固定され、「なんという姿…(涙)」とうろたえる私に、「大丈夫大丈夫、初めてのことで身体も驚いてるのよ」と微笑む母に、少し余裕をもらいました。
004
母は「わかるよわかる!ガンバレガンバレ!」と励ましてくれました。
私は痛みに悶えすぎて、身体がのけぞり、顎があがってしまいました。そんな中、「顎ひいてー!!!」と私の叫び以上の母の声。
助産師さんは「お母さんの言う通りです。その顎が上がった体勢は危ないです」

母は私の股の方に移動して「もう、頭見えてるよ! あとちょっとあとちょっと!」とどちらが助産師さんだかわかりません…(苦笑)。

005
私を産んでくれた母が出産に立ち合ってくれるというのは、何とも心強くまた不思議な気持ちでした。自分の産んだ子が出産するシーンを見るというのはどんな気持ちになるのでしょうか。
事前になんとなく思い描いていた、夫に支えてもらい涙するような出産シーンとはなりませんでしたが、やはり経験者の母がそばにいるのは心強かったですし、結果、母娘の良い思い出となった気がします。それにしても夫…事前に病院からもらった「立会いの心得」を熟読して意気込んでいたにも関わらず、長女の寝かしつけ(結局最後まで寝かしつけることはできなかった…)で終わってしまい、活躍の機会がなく、なんともバツが悪そうでした。それもまた思い出ですね(笑)。

脚本・rollingdell イラスト・ちょもす

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ