アンゴラ村長、25歳の「丸顔ツインテール」が“イタくない”理由!

2019/6/20 07:15 アサジョ

アンゴラ村長、25歳の「丸顔ツインテール」が“イタくない”理由! アンゴラ村長、25歳の「丸顔ツインテール」が“イタくない”理由!

 おかっぱ頭がトレードマークのアンゴラ村長が、イメージ一新の髪型を披露した。6月17日に更新したツイッターでは「ぜひ写真集に入れたい1枚 丸顔ツインテール」とのコメントと共に、花で覆われたゲートのような場所で撮影した画像を掲載。頭には紺色のキャップを被り、髪は二つ結びのツインテールになっていた。

 この投稿にファンからは「可愛い!」の声が続出。写真集が出たら大量に買うと宣言するファンもいるほどだ。そんなアンゴラ村長のツインテール披露について女性誌ライターが指摘する。

「ツインテールにパッツンと言えば、若いアイドルの定番。普通なら5月に25歳の誕生日を迎えた彼女がこの髪型をするのは厳しいものがあり、女性の目からは『いい年こいてアイドル気取り?』とせせら笑われてもおかしくはないところです。ただ今回の画像では、ひざ丈のキュロットやたすき掛けしたポーチも含めて全体のコーディネートにツインテールがマッチしており、アンゴラ村長の作戦勝ちでしょうか。なにより自分でも“丸顔”と認める童顔が、ツインテールとの相性バッチリです」

 この画像を収めた写真集が出るのかどうかは定かではないが、今回のツインテール披露はアンゴラ村長の活動にはプラスになるとの声もあるようだ。お笑い系ライターが指摘する。

「アンゴラ村長はにゃんこスターとして、6月16日にも埼玉県のピオニウォーク東松山でなわとびパフォーマンスショーを開催。多数の子供たちから歓声を浴びていました。今年から得意のなわとびに力を入れているアンゴラ村長ですが、可愛らしいツインテールは子供受けがいいので、ショーでは一部と二部で髪型を変えるといった変化も付けられるはず。おそらくなわとびの際にはカチューシャで髪を押さえたほうがやりやすいのでしょうが、ここはぜひツインテールがぴょんぴょんと飛び跳ねる姿も披露してもらいたいものです」

 お笑い芸人に限らず、髪型を変えるのは女子にとってなかなかハードルが高いもの。そこを積極果敢に挑戦するアンゴラ村長からは、次のステップに進みたいという意思が伝わってくるかのようだ。

(白根麻子)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント21

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ