「焼そばセンター」幻の大盛りメニューがついに商品化 総重量約7キロの「G20焼そば」誕生

2019/6/20 09:00 おたくま経済新聞

「G20焼そば」と食品サンプル 「G20焼そば」と食品サンプル

 関西を中心に全10店舗で営業している「焼そばセンター」が、2019年6月28日と29日に開催されるG20大阪サミットに合わせて、麺20玉をつかった大盛り焼きそばメニュー「G20焼そば」を、6月17日~29日の期間限定で販売しています。

 「焼そばセンター」の目印といえば、店先に配置している超特盛の焼きそばを箸上げした食品サンプル。これまでお客さんから「この大盛りメニューは存在しないのか」などの声が上がっていたそうですが、レシピの難しさから商品化は断念してきました。しかし、G20が大阪で開催されることを記念して、シェフが一丸となって改良を重ね、「幻の大盛りメニュー」がついに商品化されました。

 「G20焼そば」は、総重量はなんと約7キロ(麺20玉・3200g/豚肉800g/キャベツ1200g/もやし1200g/ネギ30g/紅しょうが30g/ソース700g)!日頃からデブ活をしているデブエッターの筆者にとっては願ってもないメニューなのですが、「焼そばセンター」があるのは関西……。関西在住のデブエッターのみなさん、ぜひ感想を教えてください……!

 「G20焼そば」が販売されるのは、店先に特盛焼きそばのサンプルを置いている6店舗(尼崎焼そばセンター/北野田焼そばセンター/我孫子前焼そばセンター/寝屋川焼そばセンター/桜川焼そばセンター/四条畷焼そばセンター)。価格は、3310(サミット)円(税抜)で、販売期間は6月17日~29日の13日間です。

情報提供:マルシェ株式会社

(佐藤圭亮)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント7

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ