さぁ、冒険の夏へ! スバル・フォレスターが一部改良

2019/6/20 11:00 IGNITE

IGNITE(イグナイト) IGNITE(イグナイト)

冒険の夏に向け、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が一部改良を受けた。

昨年6月に登場した現行フォレスターは5世代目。スバルの新世代プラットフォーム「SGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)」を採用し、新たな内外装をまといながら「走る・曲がる・止まる」そして「ぶつからない」という基本性能を大きく進化させている。

今回の改良では、「リヤシートリマインダー」というユニークな機能を採用している。これは後席への荷物の置き忘れをブザーや画面表示で知らせる機能で、アクティブなライフスタイルに寄り添うフォレスターらしい気配りと言えるだろう。もちろん全グレードで標準装備となる。

IGNITE(イグナイト)

また、これまでe-BOXERを搭載する「Advance」にのみ備わっていたLEDのライセンスランプが、今回を機に全グレードで標準装備となっている。

IGNITE(イグナイト)

ボディカラーには、新色として「マグネタイトグレー・メタリック」を採用。フォレスターの体躯をぐっと引き締めるとともに、メカニカルな雰囲気を漂わせる。「X-BREAK」専用のオレンジアクセントとの組み合わせもクールだ。

新色の追加により、「X-BREAK」では全4色、その他のグレードでは全9色から選べるようになった。

IGNITE(イグナイト)

全4グレードが揃うフォレスターの中にあって、もっとも人気が高いのは「Advance」。車両価格がもっとも高いにもかかわらず、販売の約半数を占めているという。

IGNITE(イグナイト)

Advanceには2.0Lの水平対向エンジンと電動技術を組み合わせたパワーユニット「e-BOXER」が搭載され、モーターアシストによる爽快な加速や効率的な走りを味わえる。

WLTCモード燃費は14.0km/L(市街地:11.2km/L、郊外:14.2km/L、高速:16.0km/L)。2.5Lの水平対向エンジンを搭載する他グレードのそれは、13.2km/L(市街地:9.6km/L、郊外:14.6km/L、高速:16.4km/L)。

■グレードおよび価格
Advance=309万9,600円
プレミアム=302万4,000円
ツーリング=280万8,000円
X-BREAK=291万6,000円

(zlatan)

画像元:SUBARU

IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)IGNITE(イグナイト)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント12

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ