ユニクロで今すぐ買うべき5選…プロが認めた「世界一コスパのいいシャツ」とは?

2019/6/19 08:54 日刊SPA!

エクストラファインコットンブロードストライプシャツ(ボタンダウン・長袖) 1990円(+税) エクストラファインコットンブロードストライプシャツ(ボタンダウン・長袖) 1990円(+税)

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第233回目をよろしくお願いします。

 さて、そろそろ夏がやってきます。今回は新作発売もあったので「ユニクロの買うべきアイテム5選」をお届け。今の時期から夏まで使えるベストバイなアイテムをお届けします。

◆▼素材はビンテージ風、デザインはドレスシャツ風
・デニムシャツ(長袖) 2990円(+税)

 デニムなどのカジュアルアイテムはユニクロの十八番。デニムシャツやジーンズなど実は毎年、同じように見えて微妙にアップデートを重ねている力作。今回も新作発売時に購入してみましたが、今年のモデルもやはり改良がされておりました。

 何より魅力的なのは2990円とは思えない生地の風合い。量販店に並んでいるデニムシャツはどうしてもペラペラの素材感と安っぽい加工が気になり「イキッた中学生」になりがちですが……こちらは肉感があり、加工感も本物っぽい。ヴィンテージライクな風合いでアンダー1万円には感じさせません。

 また、デニムシャツはこだわりが行きすぎてしまうと「ウエスタン調のデザイン」だったり「派手なコンチョ風のボタン」だったりと、ついつい一般人には理解不能な領域に到達しがち。結果、「なんか萩原流行みたい(笑)」と言われることも。

 こちらのデニムシャツはデニム素材はこだわり尽くしてる反面、実はデザイン自体はドレスシャツに近い上品さがあります。襟は小さくコンパクト(ウエスタンなどデニムシャツは襟が大きいものが多い)、ボタンも小ぶりでドレスシャツのそれに近い。無駄なデザインを入れずにシンプルにまとめており、「大人が普通に褒められるデニムシャツ」になっています。

 トレンドを押さえた少しゆとりのあるサイズ感も程よい。個人的には濃いめのネイビーカラーがおすすめですが、カジュアル好きな人はアタリやヒゲを少なくした品のあるアイスウォッシュのブルーもいいでしょう。

◆▼「世界一コスパのいいシャツ」と言っても過言じゃない
・エクストラファインコットンブロードストライプシャツ(ボタンダウン・長袖) 1990円(+税)

 ユニクロの名素材といえば「カイハラデニム」「スーピマコットン」「カシミヤ」「メリノウール」などいろいろあります。どれも市場にある、あらゆるアイテムよりも格安、手頃に出しており、価格破壊で他社を窮地に追い込んでいるブランドキラー。そして、上記ほど知名度はないものの実は「エクストラファインコットンブロード」もそんなブランドキラー素材の一つ。これ、普通のブランドが作ったら1万円じゃ収まらないですよ……。

 上述の通り、ユニクロはカジュアルアイテムが得意なので、シャツは「オックスフォード」のほうが有名ではありますが、実は個人的にはエクストラファインコットンブロードがおすすめ。ツヤ感たっぷりの高級素材が1990円で楽しめるのは本当にスゴい。高級素材である超長綿を使ったこの素材。要するに普通の素材よりも糸が極細になっているため、その分美しいツヤが生まれるのですが……実はほかのブランドでも見かける素材で、決して珍しいものではありません。しかし、1990円で出しているのは、世界中探してもユニクロくらいしかないでしょう。

 オックスフォードに比べて売れないのか、あまりバリエーションがなかったのですが、今回は久しぶりのロンドンストライプやチェック柄が復活。ポールスミス買うならこれでいいんじゃないのとは個人的には思います。(好き嫌いあるでしょうけども)。

◆▼もうやめて! デニムブランドを瀕死に追い込む超低価格
・ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズ 3990円(+税)

 年々アップデートされており、もはや他の追随を許さないスキニーデニム。私も自分のブランドでスキニーをつくっていましたが、昨年のユニクロの新作を見て「もうつくっても意味ないな」と思い、断念。廃盤にしました。ぶっちゃけコスパでこれ以上のモノはつくれないですよ……。

 最近、新型が発売となりましたが、素材に若干の変化がありました。スキニーは「はき心地の悪さ」が宿命ですが、どのブランドもこの点を解決しようと必死です。しかし、ここにジレンマがあって……はき心地を向上させようとするとストレッチ性を高くすることにつながり、これがスパッツみたいな風合いになっちゃうんです。

 ストレッチ性を高くなるように化学繊維の混率を高くすると、どうしてもレディースのパンツみたいなツルッとした風合いになり、「気持ち悪い」印象になる。ところが、今度はデニムらしいゴツゴツとした男性的な素材感にすると、当然コットンの混率が高くなり、ストレッチ性は損なわれてしまうわけです。

「見た目をとるか、はき心地を取るか」の二者択一に近いのがスキニーの商品開発なのですが、今回はストレッチ性は高いのに、ゴツゴツと男性的なデニムライクな素材感になっており、まさに2軸あった難問を解決したアイテムになっています。

 かなりきれいなシルエットなのに、気持ち悪い印象にならない最強のスキニー。これが3990円で買えるって、もうデニムブランドがかわいそうだから、やめてあげて!

◆▼グラミチもいいけど、コスパ考えるとユニクロか…
・スイムアクティブショートパンツ 1990円(+税)

 ユニクロの隠れた名作「スイムアクティブショーツ」。過去、本連載でもおすすめしましたが、油断するとこのシリーズはすぐに在庫がなくなるので早めがいいですよ。夏場に思い立って買おうとすると、すっかり人気のブラックやグレーがない……という状態に。ユニクロって在庫消化を徹底しているので、余剰在庫が少ないんです。意外と欠品多いんですよ。特にシーズン物であるこの手のアイテムは在庫少なめ。早めがおすすめです。

 このショーツ、まず大きな特徴は「水陸両用」。海パンとしても日常着としても使えるアイテムとなっています。速乾素材で濡れてもすぐに乾いてくれるので、夏場に汗をかいて洗っても次の日にすぐ使える便利さもありますね。

 また、形も完璧。脚長に見える膝ちょい上のベストな丈。ショーツは膝下を選ぶと、どうしても短足感が出てしまい不格好になるもの。もちろん「あえて」それを選ぶのもいいのですが、スタイリッシュに見せたいのなら膝上丈がおすすめです。ただし、膝上といっても上すぎると、今度は見たくもない男の太ももがあらわになるので、やりすぎ注意。そんなわけでこのスイムショーツは「脚長に見えて、かつ気持ち悪くならない」ベストな丈となっています。これが1990円。グラミチでもいいですが、私はユニクロでも十分満足です。

◆▼梅雨時期にぴったりのポケッタブルウェア
・ポケッタブルパーカ 2990円(+税)

 こちらも欠品が多いアイテムですが、入荷したようです。今の時期にぴったりのポケッタブルパーカー。水を弾く防水性の高いアイテムですが、何よりいいのがポケッタブルなところ。コンパクトに畳むと、小さくカバンの中に収納できるサイズになるのが嬉しい。

 しかも、デザインはシンプルそのもので、特にコーディネートの邪魔にならない。雨が降った梅雨時期にパッとバッグから出して羽織ればOK。水はけもいいのでさっさっと払ってしまえば、すぐにポケッタブルでバッグに仕舞えます。

 一つ買っておくとめちゃくちゃ便利。私は天候の読めない海外旅行でもよく使っています。

 以上、ユニクロの買うべき5アイテム。ぜひご参考に。

【MB】
ファッションバイヤー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす。年間の被服費は1000万円超! ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』はベストセラーに。最新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』が発売中

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント15

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ