【価格破壊レベル】松屋の「創業ビーフカレー」が尋常じゃない美味さだったので本社に電話してみた

2019/6/19 17:30 キャリコネニュース

期間限定「創業ビーフカレー」 期間限定「創業ビーフカレー」

牛丼チェーンの松屋が6月、「創業ビーフカレー」を期間限定で発売開始した。価格は並で490円。創業当時の味を再現して作られており、たっぷり入った牛肉が特徴だ。

発売以降、ツイッターでは、「松屋の創業ビーフカレーが忘れられない…身体が求めてしまう…」「週三で食ってる」「ルゥ単体ならカレー屋相手でもいい勝負できるクオリティでは?」など大絶賛の声が寄せられている。キャリコネニュース編集部も食べてみた。

傑作「ごろごろ煮込みチキンカレー」を超えた、という声も

平日昼過ぎに編集部のある大門駅近くの松屋に行き、席に着いてスタッフに食券を渡すと、秒で出てきた。高評価のカレーがあっさり出てきて拍子抜けした。

目の前に配膳されたのは何の変哲もないカレーだった。なんならあまり肉が見えずがっかりした。しかし一口食べた瞬間、「大盛りにすればよかった」と思った。

コクと甘みが押し出されたルーにしっかりとスパイスが効いている。パッと見、牛肉が発見できなかったのは、とろとろになるまで煮込んでいるためだ。味のバランスが完璧で隙がない。高級ホテルで出てくるカレーのようだ。これが490円で食べられるのがすごい。

ごろごろとした肉のカレーも食べごたえがあって美味しいが、形が崩れるほど溶けているからこそ、スプーンでどこをすくっても牛肉を感じられる。幸福度が高い。松屋の傑作メニュー「ごろごろ煮込みチキンカレー」を超えた、という声が出てくるのもうなずける。ほかにも「創業ビーフカレーギュウ」「創業ハンバーグビーフカレー」などがある。

残念だったのは、店内はほぼ満席にも関わらず、創業ビーフカレーを食べているのは筆者だけだった点だ。声を大にしてこの美味しさを伝えたかった。出来なかったので記事にしている。同僚がチーズ入りの「創業チーズビーフカレー」を食べたが、「これはこれで美味しいけど、チーズが入るとバランスが若干崩れる。何も入れない状態ですでに完成されている」とコメントしていた。

ファンのSNS投稿で口コミ広がる 反響が大きければ期間延長の可能性も

松屋を運営する松屋フーズの広報担当は「ルーの2割は牛肉です。お客様からもお肉が多くて食べごたえがあると反響をいただいております。松屋のカレーファンがSNSに投稿して、それが拡散されて広がっている印象はあります」とコメントした。

「普段のカレーはもう少しスープに近いというか、サラサラ系です。松屋は牛めしのほかにカレーにも力を入れており、今回も数十回試行錯誤しました。スパイスの配合も普段と変えています」

"創業"ビーフカレーとある通り、「松屋」の創業者で代表取締役の瓦葺利夫氏が、東京都練馬の住宅街で開業した「中華飯店 松屋」で出していたカレーの味を再現した。当時のレシピそのままではなく、現代人の好みに合わせてアレンジしてあるという。

同商品は7月頭までの期間限定だが、同担当者は「反響が大きいと発売延長する可能性もあります」という。週8で通いたいところだ。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント50

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ