【インタビュー】FlowBack 「ありがとうの向こう側にある想いを伝えたい」 全国ツアーで気付けた“躊躇しない”新たな覚悟

2019/6/19 13:00 ランキングBOX

【インタビュー】FlowBack 「ありがとうの向こう側にある想いを伝えたい」 全国ツアーで気付けた“躊躇しない”新たな覚悟 【インタビュー】FlowBack 「ありがとうの向こう側にある想いを伝えたい」 全国ツアーで気付けた“躊躇しない”新たな覚悟

もがくように進化を続けてきたFlowBack。2019年の彼らは、年明けからどんどんイイ顔になってきている。もがきが確信に変わったのは、年頭から25公演続いた全国ツアー『The Answer』だったという。このツアーは彼らに何をもたらしたのか、そしてその変化は“躊躇しない”というタイトルを冠した6月19日にリリースされたニューアルバム『do not hesitate』でどう活かされたのかを赤裸々に語ってもらった。

■MASAHARUからJUDAIへリクエスト!「きみのうた」制作秘話に迫る

――アルバムタイトル『do not hesitate』には“躊躇わない”“躊躇しない”という意味がありますが、どんな想いが込められているのでしょう。
TATSUKI 前作アルバム『VERSUS』では、挑戦というFlowBack自身のテーマを掲げたし、それ自体が答えになっていて。今作には僕たちのメッセージをたくさん込めたし、いろいろ考えてほしくて、今までやってこなかったタイプの曲にもあえて挑戦しました。一度聴いて答えがわかるんじゃなくて、この後のツアーまで含めて、こういう意味だったんだって感じ取ってもらえれば……。

――僕たちのメッセージというと?
TATSUKI アルバム制作と『The Answer』ツアーを平行してやっていたから、ファンのみなさんへの想いがこもったアルバムになっていると思うんです。それを象徴するのが、MASAHARUが作曲、REIJI、JUDAIが作詞をした「きみのうた」。まさに、ツアーを経て次へ向かって行くメッセージが込められている曲です。
REIJI MASAHARUが「ファンに向けてこの曲を届けたいから、歌詞を書いてもらえないか」って言ってくれたんだけど、ツアー中だったから、リーダーのTATSUKIをはじめ、メンバーたちがMCで言った言葉を吸収して、自分なりの想いを重ねることができました。『The Answer』ってタイトルを掲げたツアーだったけど、その答えはみんな違っていいと思うんです。僕の中の答えが、この歌詞に入っています。僕たちはゼロからスタートして、周りに支えられてここまできた。感謝してもしたりない……、そんなありがとうの向こう側にある想いを伝えたくて。だからあえて、「きみのうた」ってストレートなタイトルにしたんです。
JUDAI REIJIは、今支えてくれている人への想いを書いていたので、僕は、今は離れてしまった人に向けた歌詞を書きました。MASAHARUはいつもラップに注文をしないのに、今回は「後半を感情的に」ってリクエストがあって。

――最初に曲が出来ていたそうですが、どんな気持ちで作ったのでしょう。
MASAHARU “ファンに向けて”ってテーマで作り始めたのですが、サビがなかなかできなくて。粗くても頭に残るメロディーにしたくて、記録しないで、2日後も覚えていたメロディーを採用に(笑)。それでできたのが、この頭のサビでした。
MARK FlowBackってサビ始まりの曲があまりないんだけど、いきなりサビのほうが、感謝の気持ちをストレートに伝えられるというか……。この冒頭でボーカル4人がひと節ずつ歌っているのも“いいな”って思いました。

■ライヴへの姿勢に変化!?『The Answer』ツアーで気付けた大切な想い

――「今までやらなかったタイプの曲にも挑戦した」という発言がありましたが、リード曲の「By your side」がまさにそれですよね。
TATSUKI そうですね、今までだったら「OverDrive」がリード曲になったと思います。「By your side」をリード曲にするって決断も、今のFlowBackだなってすごく思う。「INTRO」から新しい扉が開いて、歩き出すイメージがあって。
JUDAI 「By your side」って“あなたのそばに”って意味じゃないですか。僕たちの歌を聴いてくれる人がいなければFlowBackが存在する意義がない。TATSUKIが「この曲があなたの側に行って、距離を埋められたらいいな」ってMCで言っていたんだけど、その通りだと思いました。
TATSUKI 僕たちは音楽をやっている以上ファンとは音楽で繋がっていたいし、僕たちが側にいるってことを音楽で感じてほしいから「By your side」ってタイトルにしたんです。これも『The Answer』ツアーがあったから言えるんですよね……。

――年明けのツアー『The Answer』は、FlowBackにとって大きなターニングポイントになったみたいですね。
TATSUKI はい。FlowBackのライヴそのものが変わった気がします。ステージでも言ったんだけど、「大きくなる」って大きな会場でライヴをすることだと思ってずっとやってきました。でも25公演もある今回は、満員にならないところもあって。初日の大阪もそうだったんだけど、「満員じゃなくても、全力でやろう。自分たちが満足できる、次に繋がるライヴをしよう」ってメンバーと話して挑んだけど、“やっていけるのかな?”って不安があったのも確かで。でもステージでやればやっただけ、来てくれた方たちが返してくれた。それがすごく嬉しくて。それを繰り返していたら、ファンのみなさんが僕らに求めるものも変わってきたし、僕らもファンのみなさんに求めることが変わってきたんです。それがわかって良かった。きっと僕たちがアリーナ規模でライヴができるようになった時、これがあるのとないのでは大違いだと思うんです。ライヴに対する想い、本当の楽しさを知りました。

――アルバムタイトルが『do not hesitate』ですが、FlowBackをやってきて躊躇したことってありますか?
JUDAI メンバーそれぞれにあると思います。でも今まで悩んだり躊躇したことも、きっと今に繋がっていると思うから、「躊躇はしない」って断言したい。『VERSUS』からの2年は苦しいこともあった時期だったけど、僕たちは“これだ!”って思えるものを選んできたから、後ろは振り向きません。メンバーと「2019年は勝負の年にしよう」って話して、全員が「これがコケたら終わりだ」って覚悟とモチベーションで臨んだから、『The Answer』ツアーでの実りがあったと思うんです。今年に入ってからってみんなの目の輝きが違うし、一緒に音楽をやっていて本当に楽しいし、音楽の話ももっとできるようになった。そういうのがすごく嬉しいんです。

――みなさんのインスタを見ていて、ツアー中にどんどん良い顔になっていくのを感じました。そういうのって、顔に出ますよね。
TATSUKI 「この気持ちを伝えなきゃ!」ってことに躊躇しなくなりました。前のめりなくらいに(笑)。そういう意味でもツアーから始まっているアルバムだと思います。

■JUDAIがTATSUKIに説教!?5人それぞれの躊躇しない出来事を告白

――メンバーの「こいつ、こういうとこ躊躇しないな」っていうところはありますか?
REIJI MASAHARUはよく、街中でも僕の鼻を触るんですけれど、“躊躇しねえなぁ”と思います(笑)。YouTuberみたいに、何人の人が見るかを検証しているんです。
TATSUKI いっそのこと見るだけじゃなくて、YouTuberをやりなよ(笑)。
MASAHARU それは嫌(笑)。僕はREIJIの体づくり。糖質制限ダイエットをやっているのですが、どんなに誘惑があってもラーメンとか炭水化物を絶対に食べないんですよ。そういうところブレないし、躊躇ないんですよね。
JUDAI 僕はふたりいて……、まずTATSUKIの忘れ物。北海道に着いた途端に財布を失くしたんです。でもそれは通常運転で(笑)。その次の日に、今度はタクシーにスマホを忘れたんです。2日連続ですよ。躊躇ないですよね。
TATSUKI 財布は“絶対に飛行機の中にある”って思っていたから、焦らなかった(笑)。スマホもタクシーだったし。
REIJI 「北海道の人を信じている」って言っていました(笑)。
JUDAI 反省の心が足りないよ。MARKは、生きていて躊躇しているところを見たことがない。意見を言うときも信念を持っているし、日々勉強になります。
TATSUKI 僕は、REIJIの「個展を開く」という行動力ですね。しかもメンバー全員の力を無理やり使う(笑)。使わなくてもできるのに、使うところが躊躇ない。
MARK 僕もREIJI。僕は常にREIJIの人生をチェックしているんですけど、行動力や何かを生み出す力はあるのに、英語のスペルミスが多すぎる!そういうツメの甘さが躊躇していないんです(笑)。
REIJI 助かっています。ありがたいです(笑)。

――「ツアーで変わった」というみなさんですが、夏にまたツアーがありますね。
TATSUKI 『The Answer』ツアー以上に、意味のあるツアーにしたいですね。見つけたものが大きかったので、次のツアーでもその次への実りを見つけないと。アルバム『do not hesitate』がバラエティに富んでいるので、楽しんでもらえるツアーにしたいですね。

文/坂本ゆかり

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ