「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

「1分でこれ話せる?」とプリントを渡してきた中3長男 母はその内容に絶句した…

2019/6/19 15:01 しらべぇ

(SQ_Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです) (SQ_Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分の将来を決めるうえで、どの学校に進学するかは大きな意味を持つ。しかし、中にはそれを短い時間で決めようとする人も。

元カリスマギャルモデルで、現在は3児の育児のかたわら、心育児研究家として活動する日菜あこのブログが話題になっている。

 

■「1分で話せる?」と手渡してきたのは…

ある日の朝、いつものようにお弁当を作って待っていたところ、中3の長男が「お願いあんだけど」「あと1分でこれ話せる?」と言って、プリントを渡してきたという。

しかし、それは「進路希望調査表」で、中3の受験生である今は、ある意味1番大切なものだった。

 

■進路を1分で決めようとする長男にお断り

これに対し、日菜は「1分で話つく訳ないだろーーーー!」「むしろじっくり話さなきゃいけないやつ…」と思い、長男にお断り。

「提出物早く出したほうがいいじゃ〜ん!」と長男は粘ってきたものの、「進路希望調査の1分は早すぎ!」と突っぱねたようだ。そして、「もう、ほんとなんでこうなの〜?」と嘆いた日菜だった。

■「遅刻の回数も…」などのアドバイス

この投稿に対し、ファンからは進路に関するコメントが寄せられることに。

「こんにちは。同じ年の娘がいるアラフィフママです。娘からは若いママでうらやましいとあこさんのブログを親子で見ています。そろそろ面談も始まるし進路悩みますよね。私立ご希望だと遅刻の回数も見られるから気を付けたほうがいいですよ」

 

「ご長男、いよいよですね。ちょっと、意外に感じることは、プリントの進路希望の上位が、就職傾向なことです。全日制に進学することが、当たり前みたいに思っていましたが、少子化で人手不足なんでしょうか」

 

■「優柔不断」に7割が理解

しらべぇ編集部では以前、全国の20~60代の男女1,357名を対象に優柔不断な人をどう思うか意識調査を実施。その結果、7割以上が理解を示した。優柔不断な人が、それだけ多いことがわかる。

しかし、自分の進路を1分で決めようとするのは、さすがに決断が早すぎるだろう。

 

■ユーモラスな筆致で人気のブログ

なお、ブログにアップされた進路希望調査表を見ると、長男くんが「私立の全日制」志望であること、そして「推薦をとるにはどうすればいいんですか?」という、彼から教師への質問が確認できる。

中3の今の時期で推薦のとり方を聞くというのは、正直ちょっと遅い気がしないでもないが……母が不安に思うのも、ある意味仕方のないことなのかも。

子供たちとの日常を、ユーモラスな筆致で綴っている日菜。気になった人はぜひ読んでみよう。

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1,357名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント48

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ