大人のためのコンパクトラグジュアリーホテル「hotel azabu ten」麻布十番に

2019/6/17 08:00 IGNITE

IGNITE(イグナイト) IGNITE(イグナイト)

仕事もしくは観光をしてホッと一息つけるのが宿泊施設。

日常から解き放たれる、都会のプライベート空間「hotel azabu ten(ホテル アザブ テン)」が東京の麻布十番に誕生した。

■“But first, Me”
誰かのためではなく、自分のための時間を過ごす場、hotel azabu ten。

東京・麻布十番の地に、地上4階、地下1階、屋上には開放的なテラスを設け、全く新しいホテルカテゴリーであるコンパクトラグジュアリーホテルとして誕生。

■部屋のコンセプト
日本の季節の移ろいの合間にある、美を表現した二十四節気。10室のコンセプトとして採用された10の節気から連想される空気感が、Cassina ixc監修の下、各部屋異なるテーマカラーと共に表現されている。

IGNITE(イグナイト)

パリなど、欧州を連想させるエレガントな要素に、日本の伝統的な素材を融合させた「コスモポリタン」な感覚によるインテリアデザインが、東京にいながらどこか異国への旅を味わえる客室に。

また、各部屋1/3の面積を誇る広々としたバスルームには、洗練されたデザインと機能美を追求したバスタブを贅沢にセレクト。

IGNITE(イグナイト)

個人邸宅をデザインするように、色染めから特注したこだわりのテキスタイルなど、非日常を満喫できる大人の遊び心にあふれたプライベートな空間で自分時間を満喫しよう。

IGNITE(イグナイト)

■くつろぎの空間
和のテイストを織り交ぜた、フュージョン料理を届けるダイニングレストラン「totanuki(トタヌキ)」、緑を感じることのできる屋上のガーデンテラスなど、プライベートルーム以外のくつろぎの空間も充実。

IGNITE(イグナイト)

IGNITE(イグナイト)

現代的なホテルの機能と、日本の美しい伝統をあわせ持つ空間とサービスで、滞在するゲストに日常から解き放たれるプライベートな時間を提供する、コンパクトラグジュアリーホテルだ。

IGNITE(イグナイト)

■部屋の種類と宿泊料金
宿泊料金は正規料金 55,000円(スーペリア/28.70平方メートル)から、100,000円(リュクス/52.51平方メートル+loft)まで、都会の隠れ家に相応しい、多様な客室タイプ(スーペリア、プレミア、リュクス)を用意。

※表記料金はいずれも2名利用時の朝食付、サービス料込、税別の1室料金

IGNITE(イグナイト)

IGNITE(イグナイト)

各部屋異なるコンセプトという面白さ。自分自身を解放できる空間を楽しみたい。

IGNITE(イグナイト)

所在地:東京都港区東麻布2丁目26-8

客室数:10室
料飲施設:1F ダイニングレストラン「totanuki」22席 (カウンター席x10・テーブル4名席x2・テラス4名席×1)
公式ホームページ: https://www.hotel-a10.com/
※上記は2019年5月現在の計画であり、予告無く変更する場合あり

(田原昌)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ