『いだてん』関東大震災で行方不明 “シマ役”杉咲花に「生きていて」の声

2019/6/17 12:50 Techinsight

『いだてん』でシマ役を演じる杉咲花(画像は『杉咲花 2019年6月16日付Instagram「大河ドラマいだてん、是非ご覧ください。」』のスクリーンショット) 『いだてん』でシマ役を演じる杉咲花(画像は『杉咲花 2019年6月16日付Instagram「大河ドラマいだてん、是非ご覧ください。」』のスクリーンショット)

NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第23回「大地」が6月16日に放送された。冒頭は、前回の続きで東京女子高等師範学校の生徒・村田富江(黒島結菜)たちが教師・金栗四三(中村勘九郎)の不当解雇を阻止しようと教室に立てこもった場面から始まった。

「女はスポーツなどやらないでよろしい」と主張する富江の父・村田大作(板尾創路)の言葉に反発した教師・シマ(杉咲花)は、大作に富江と100m走で対決してはどうかと提案する。その妙案によって金栗先生は辞めずに済むのだ。

スカッと胸がすく展開から一変、1923年(大正12年)9月1日11時58分頃に起きた関東大震災の描写は衝撃だった。倒壊した家屋から火災が発生、特に浅草では逃げ惑う人々が火をよけようと川に飛び込んで折り重なり悲惨な事態になったという。

後の古今亭志ん生(ビートたけし)である孝蔵(森山未來)が高台から炎に包まれる東京を見下ろす場面には、阪神・淡路大震災での火災や東日本大震災で津波にのまれる街の光景が重なる。

金栗四三は浅草に出かけたまま戻らぬシマを探して回るが見つからず、シマの夫・増野(柄本佑)は幼い娘りくをおぶって途方に暮れ「もう諦めないといけないのでしょうか」と弱気になっていく。

重苦しい流れから絶望感が漂うなか、杉咲花がインスタに投稿したシマの姿には「シマさん…胸が苦しくなる回でした…シマさん、生きていて下さい」、「シマちゃん、可愛いりくちゃんと愛する増野さん置いて行方不明になるなんて。可哀想で見てられませんでした。涙出てきました」と反響が寄せられている。

「こんな結末…辛いよ…シマちゃん…」というコメントやシマの画像に「モノクロってそうゆうことですか?」と憶測もあるなか、「シマちゃん、どうか無事でいてほしいです。切ない展開でしたね…」、「シマちゃん先生、助かって」と願う人が多い。

本編の後で流れた金栗四三編・クライマックスとなる第24回「種まく人」の予告では、嘉納治五郎(役所広司)が「我々にできるのは、スポーツによる復興だけです」、四三の妻・スヤ(綾瀬はるか)が「バカの走りよるけん、皆笑っとるだけたい」というセリフとともに四三たちが走るシーンが映った。

皆で運動会を楽しむ光景には三島弥彦(生田斗真)や大森安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)、そしてシマの姿もあり、回想シーンなのかそれとも元気に運動会を応援したということなのか、6月23日の放送が待たれる。

画像は『杉咲花 2019年6月16日付Instagram「大河ドラマいだてん、是非ご覧ください。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント14

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ