猫が飼い主にお土産を持ってくる3つの気持ち

2019/6/16 12:00 ねこちゃんホンポ

猫が飼い主にお土産を持ってくる気持ち

おもちゃの羽を咥えた猫

猫は獲物をお土産として、飼い主さんにプレゼントしてくれることがあります。猫が飼い主さんにお土産を持ってくるのは、どんな気持ちからなのでしょうか?

1.飼い主さんに感謝の気持ち

猫が獲物をあげるのは、とても大切な存在の人、大好きな人に限られています。命の源である、獲物をあげるのは特別だからだと言われています。猫は飼い主さんに、感謝の気持ちからお土産を持ってくるのではないでしょうか。

ある話で、狩りができない猫は、お花を飼い主さんに持ってくる猫がいるそうです。毎日、綺麗なお花を探しては、口にくわえて飼い主さんの元へ帰るのです。心温まる関係性が目に浮かびます。

2.飼い主さんに褒めてもらいたい

大好きな人にだけ、持ってくるお土産を見せて、褒めてもらいたいようです。「すごいね!」「上手だね!」と言われるのを期待して、持ってくるのかも知れません。

猫は、褒められるために行動はしないと言われるのですが、猫の様々な性格から、褒められたくてわざと見える所に置くこともありえると思います。褒められるために、飼い主におもちゃを持ってくる猫もいますから。

3.飼い主さんに練習させるため

猫が飼い主さんにお土産を持ってくるのは、「狩りの練習をしなさい」という気持ちのようです。猫は、母性から飼い主さんを子猫として見ることもあるようです。

狩りができない飼い主さんが心配で仕方ないようです。生きている状態の獲物を持ってきて、飼い主さんに狩りの練習をさせたいみたいです。

猫が飼い主にお土産を持ち帰る仮説

机の上のネズミを狙う猫

猫が、飼い主さんにお土産を持ってくると言われる猫の気持ちは、ほんとのところ誰にもわかりません。きっとこうではないか?という仮説もあるようです。その中で、猫の違う視点から、お土産を持ち帰る気持ちを紹介してみます。

飼い主さんにではなく持ち帰っただけ

猫がお土産を持ってくるのは、だた持って帰ってきただけかも知れません。後でゆっくり食そうとして、隠すこともあれば、キッチン等に置いておくこともあるようです。猫がお土産を持ってくる場所が、安全である場所だからということも考えられます。

飼い主さんに美味しく調理してもらう

猫が飼い主さんにお土産を持ってくるのは、「獲物を美味しく食べさせてほしい」気持ちという仮説もあります。

猫は、飼い主さんがご飯を与えてくれる人と思っていることから、「美味しく調理してほしい」と思うのではないかとも言われています。自分の世話をしてくれる人を、子猫とは思わないという反論の意見もあり、どちらかと言えば親のように思う方が強いかも知れません。

決して嫌がらせるつもりはない

どちらにしても、猫がお土産を持ってくるのは嫌がらせのつもりがないということです。猫にすれば、お土産は大好きな人へのプレゼントなのです。きっと迷惑とは思わないという気持ちから持ち帰るようです。

まとめ

撫でられて嬉しそうな子猫

猫が飼い主にお土産を持ってくるのは、大切な人へのプレゼントとしてなのか、褒めてもらいたいのか真相はわかりません。どちらにしても、少し奇妙な行動と言えるのは確かだと思います。

お土産として持ってくるときに、食べずに供えるようにしておいているそうです。人間でも、大切な物を使わずに鑑賞して楽しむこともあります。猫もそれと同じ感覚なのかも知れませんね。

実際に、私はお土産をもらった経験がありませんが、知り合いの人が「起きたら枕元に置いてあった」と聞いてびっくりしました。
きっと、喜んでくれるだろうとプレゼントしたのかも知れません。

猫が悪気がないようなので、怒ったり叱ったりするのは可哀想なので辞めてあげましょう。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント5

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ