【ラブホスタッフ上野】婚活実用コラム〜「どのあたりにお住まいなんですか?」が最強の質問である理由〜

2019/6/15 20:00 DOKUJO[独女]

婚活にせよ恋活にせよ、初対面の相手との話題にお悩みの方は多いでしょう。

無難すぎる話題ではつまらないし、

かといって無難では無さすぎる質問では相手に引かれてしまうかもしれない……。

それに相手の人間性も知りたいし、かといって踏み込んだ話題は「失礼な人」という印象を与えてしまうかもしれない……。

そんな悩みを抱える皆様のために、今回は初対面の相手にできる「最強の話題」をご紹介させて頂きたいと思います。

タイトルにもある通り、最強の質問はズバリ「どのあたりにお住まいなんですか?」

この質問と、この質問から広がる会話こそが最強である理由を今回はご紹介させて頂きたく思います。

◆メリット1 とにかく無難

「イギリス人は天気の話題をよくする」と言いますが、これは天気の話題がどんな相手とでも出来る非常に無難な話であるからでしょう。

初対面であれば無難な話題で良いのです。

「トリッキーな質問をして他の人と差をつけろ!!」みたいなことを仰る方もいらっしゃいますが、トリッキーな質問で生まれる差は大体マイナスの差でしょう。

少女漫画にありがちな「俺に靡(なび)かないとは……面白い女だな」なんて展開は現実には起こりえません。

極度にトリッキーな質問は、まともな男性を遠ざけ、訳のわからない変人を呼び寄せてしまう方法になるでしょう。

その点「どのあたりにお住まいなんですか?」という質問は、非常に一般的な話題であるため、この質問でドン引きをされるような可能性は御座いません。

◆メリット2 遠距離恋愛は上手くいかない

手を繋ぐカップル

「離れている時間が2人の恋を育てる」という格言には正しいところもございますが、それはあくまでも「時間」であり「距離」ではございません。

どれだけネットが発展しても、人間関係の基本は「会う」ということなのです。

そのため恋人との物理的な距離は近ければ近いほど良いでしょう。

その点「どのあたりに住んでいるんですか?」という質問は相手との物理的な距離を知る上で最高の質問に他なりません。

相手の家と自分の家が1時間半以上離れていたら危険信号。2時間を超えると赤信号と考えていただければ幸いです。

もちろん遠距離恋愛が100パーセント上手くいかないということは御座いませんが、それはすでに付き合っている相手が遠距離に引っ越してしまった時の話。

まだ付き合ってもいない段階で、わざわざ家の遠い人を選ぶ道理はございません。

◆メリット3 相手の金銭感覚が見えてくる

金銭感覚が近い相手と付き合うことは非常に重要です。

離婚の原因の1位は「性格の不一致」で御座いますが、金銭感覚はある意味で性格なので、相手との恋愛を上手く成功させるためにはやはり金銭感覚の一致は非常に重要でしょう。

さて、一般的な収入をしている社会人の場合、最も大きな支出は「家」で御座います。

家賃は収入の3分の1まで、という言葉もあるように、我々は収入の30%ほどを家に支払っているのです。

ですので「家」は最も金銭感覚が現れる部分であると言えるでしょう。

例えば山手線であれば、1番家賃の高い「浜松町(13万7500円)」と1番安い「田端(7万9500円)」では倍近い差がございます。

このように相手の住んでいるエリアを知ることが出来れば、相手が家賃にどの程度支払っているのかということもある程度は推測することが可能です。

もちろん会社の福祉制度などによって、一概にこうだと断言することは出来ませんが、相手の金銭感覚を知るための1つの情報になるのは間違いありません。

◆メリット4 相手の性格を知ることができる

特に東京の場合、人の性格によって住む場所は大きく変わります。

新宿に住んでいる方は賑やかな場所が好きな方が多いでしょうし、恵比寿や目黒に住んでいる方はおしゃれな雰囲気が好きな方でしょう。

もちろん一概に全てがこうだ、と断言することは出来ませんが、エリアによって人の個性が出やすいのは間違いありません。

特に重要なのが都心へのアクセス。

例えば同じ10万円の家を借りるとして

「広くて綺麗だけど郊外にある家」を選ぶ方と

「狭くて古いけど都心のど真ん中にある家」を選ぶ方では性格が全く違うということはご理解いただけるでしょう。

部屋が狭くても都心に近いところに住む方は、比較的アウトドアで社交的な性格の可能性が高いですし、逆に都心から遠くても広い部屋に住む方は、どちらかといえばインドアで親しい人と会うのを好むタイプでございます。

もちろん会社の場所などの条件も御座いますので一概には言えませんが、ある程度の指標としては非常に有効でしょう。

◆メリット5 話を広げやすい

初対面の人と会話を苦手な方にとって、家の話は非常にオススメできる話題でございます。

「どのあたりに住んでいるんですか?」と聞いて、地名が出たらそこから話を広げる方法はたくさんあるでしょう。

その地名を知っていたら、その街の話で盛り上げっても良いですし、全く知らない街で会ったら「どんな街ですか?」「住みやすいですか?」と話を広げることも可能です。

また「引越し」というのは意外と面白い話題で話が広がりやすいのでオススメです。

人間誰しも、今住んでいる家や街に少しくらいは不満があるものでしょう。

ですので「引越ししたいなぁ」という不満は「旅行したいなぁ」と同じくらい多くの人が持っている不満なのです。

「引っ越すならどこに住みたい?」

「住みたい街とかある?」

「マンションと戸建どっちが好き?」

そういった話題は天気の話題と同じくらい、万人にとって共通の話題でございます。

話題に悩む方は、ぜひ話題の1つとして「どのあたりにお住まいなんですか?」という話題をストックに加えてみてくださいませ。

◆メリット6 一夜の関係防止に効果あり

部屋でくつろぐカップル

特にマッチングアプリなどで出会った場合、相手の男性はカラダ目的なのではないかという不安は決して消えることはないでしょう。

そんな不安をお抱えな方は是非とも「どのあたりに住んでいるの?」という話題を切り出してみてくださいませ。

一夜だけの関係を狙っている男性は、出来る限り自分の情報を相手に与えないように警戒しています。

ですので自分の家という個人情報を聞かれると、出来る限り早く話題を変えようとするでしょう。

普通の男性であれば、住所はともかく「どの辺に住んでいるか」なんていう情報を出し惜しみしたりは致しません。

異常なまでに自分の住んでいる街を隠そうとする男性は、高確率で何かしらやましいところがあるのです。

そういった見極めに使えるというのも「どのあたりに住んでいるんですか?」という質問の良いところでしょう。

◆メリット7 相手の生活を分析しやすい

「どのあたりに住んでいるんですか?」という質問をする際には「街」も重要ですが、その街のどこに住んでいるかということも重要になってきます。

「池袋に住んでいる」といっても、池袋の駅前のマンションに住んでいるのと、池袋駅から徒歩25分のアパートに住んでいるのでは、全く意味が違うでしょう。

さて、相手に「どの辺に住んでいるんですか?」という質問をして、相手から住んでいる街を聞き出すことに成功したら、そこから「住みやすいですか?」という質問を続けることをオススメさせていただきます。

この際には

「実は引越しを考えていて、どこに住もうか悩んでいるんですよね」

と前振りをすると良いでしょう。

先ほども申し上げた通り、引越しは人類共通の悩みの1つなので、話題としてもかなり有効でございます。

それでは「住みやすいですか?」と質問をして、男性からこのような返事が来たら、この男性はどのような性格をしていると想定されるでしょうか?

「うん、住みやすいよ。

今住んでいるところは駅からも近いし、新宿まで行くのも楽だからね。

あと結構定食屋も多いから、その辺も便利。

まぁ近くに美味しい飲み屋がないのはアレだけど……新宿まですぐだからあんまり気にならないね」

私であればこの男性は「自炊をする気が全くない外交的な男性」と推測します。

何故ならばこの男性の発言には「安いスーパーがある」とか「キッチンが広くて便利」というような自炊派が気にするような内容がありません。

またキッチンに限らず、部屋自体の話をほとんどしていないことからも、家にあまりいないタイプであると予想できるでしょう。

特に「駅から近い」ということをPRする方は非常にアウトドア派な方が多いので、キーポイントとなります。

他にも相手の発言から読み取れるキーポイントとしてはこのようなものがあるでしょう。

◇見極めキーワードの例

「安いスーパーもある」→自炊が多い

「美味しいお店が多い」→外食が多い

「スーパーは遅くまでやっている」→残業が多い

「アクセスがいい」→家から出るのが好き

「広い」「家賃が安い」→家からあまり出ない

「静か」「治安がいい」→やや家から出ない

「賑やか」「治安が悪い」→社交的

「駅近」→外出好き

「駅から少し遠い」→あまり外出好きではない

「綺麗」「新しい」など家自体を褒める→インドア派

「賑やか」「栄えている」など街を褒める→アウトドア派

もちろん、これらのキーワードだけで相手の全てを分析することは出来ませんが、相手のパーソナリティーを理解するための重要な手がかりにはなるでしょう。

◆「どのあたりに住んでいるんですか?」は最強の話題

人間は本音と建て前で生きている生き物でございます。

しかし、支出の30%前後を占める家を選ぶ際には、皆様本音で家を選ぶのです。

ですので相手がどんな家に住んでいるのか、というのは相手の本音を見極めることができる極めて効果的な質問であると言えるでしょう。

その上この質問は比較的無難な質問に見えるので、初対面の相手にしても何の違和感もございません。

さらにそこから話を広げることも容易と、一石何鳥か分からない最高の話題の1つでしょう。

皆様も初対面の人と会話をしなければいけない状況になったら、ぜひ「どのあたりに住んでいるんですか?」という話題を使ってみてくださいませ。

執筆者:ラブホスタッフ上野

都内某所のラブホスタッフ。
ツイッターで「ラブホテルに女性を誘う方法」を紹介していたことが話題になり、漫画化。
「ラブホの上野さん」(原案:上野・作画:博士  株式会社KADOKAWA〈MFコミックス フラッパーシリーズ〉)の原作を務める。

現在では自身のホームページやツイッターなどで活躍中。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ