主演作大コケで囁かれる松坂桃李の賞味期限切れ説

2019/6/15 21:00 週刊実話

提供:週刊実話 提供:週刊実話

 松坂桃李(30)がデビュー以来、初めての危機に瀕している。最近の主演作が見事に大コケしているのだ。
「業界評は、散々ですね。ギャラの割に結果が出せないと言われているんです」(日本テレビ関係者)

 発端となったのが、主演映画『居眠り磐音』の不人気ぶり。そもそも同作はベストセラー作家・佐伯泰英氏の人気時代劇小説『居眠り磐音 決定版』シリーズの映像化。日テレが幹事社となって製作委員会を立ち上げ、時代劇初主演となる松坂を主役に据えた。総製作費50億円あまりを投入し、上映は326館という、近年まれにみる大規模公開を展開していたのだ。

 「日テレ的には、興行収入は最低でも100億円はカタイと見ていたんです。だが、いざ蓋を開けてみれば、100分の1以下の1億円にも達しない雰囲気になっている。担当プロデューサーの更迭どころの騒ぎでは収まりが付かない状況」(配給関係者)

 大コケの理由だが…。
「やはり、主演に難ありとする声が圧倒的です。まず、殺陣がヘタクソ。京都の太秦に行って修行した方がいい。あれじゃ子供のチャンバラに毛が生えたレベル。かなり残念な仕上がりになっています」(映画事情通)

 松坂といえば、放送中の主演ドラマ『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)も視聴率5%〜6%台と低迷。そんな松坂をさらなる負の連鎖が襲い掛かった。今や飛ぶ鳥を落とす勢いの俳優・菅田将暉(26)と何かにつけて比較されるようになってしまったのだ。

 「実は菅田と松坂は同じ事務所に所属しているんです。結果、必ず問題になるのがギャラ。松坂の場合、ゴールデン&プライム帯で1本200万円オーバーだが、菅田は120万円〜。映画も1本当たり松坂が1000万円〜に対し、菅田は500万円〜。皆がコスパを考え、菅田を起用したいと言い出した。だが、彼にはスケジュールがない。結果、逆に松坂を売り込まれてしまうんです」(芸能関係者)

 松坂は、このまま脇役俳優に転落してしまうのか?

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント79

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ