虫が多い時期に大活躍!『犬用虫除け』の作り方

2019/6/14 17:00 わんちゃんホンポ

市販の犬用虫除けスプレーじゃダメ?

たくさんの蝶と草原にいる犬

市販のペット用虫除けスプレーは効果が高く、長く効いてくれる商品が多くとても優秀です。しかし非常に毒性は弱いものの、化学物質が含まれている商品も販売されています。使用方法が定められており、習慣的に使用する事は出来ない物が多いです。万が一皮膚に吸収されてしまった時は、化学物質が1ヶ月以上皮膚に残存してしまうものもあるようでうす。

市販の虫除けスプレーでも大きなトラブルにはあまりならないと思いますが、大切な愛犬には少しでも優しい物を使いたいですよね。手作りの虫除けは作り方もとっても簡単でコスパが素晴らしいでご紹介させてください。

ヒバ油スプレーの作り方

スプレーしてもらっている犬

ヒバ油とはヒバという木から抽出された天然の油。昔から青森に多く分布される木で、地元で多く利用されています。この油には高い抗菌作用と防虫効果、また消臭効果や精神安定効果があると言われています。

ヒバ油は100キロのヒバの木から、たった1キロしか抽出することができない貴重な油。天然成分なので犬にも優しく、私達人間も一緒に使うことができる嬉しい油です。

材料

✔ヒバ油
✔水道水
✔スプレーボトル

水道水をスプレーボトルに200ml程度入れ、そこにヒバ油を2~3滴加えましょう。あとはボトルをおもいっきり振るだけです。水と油は分離しますので、使用のたびにしっかり振って混ぜてから使用します。

この分量はヒバ油がとても少な目な配合になっていいます。初めてヒバ油を使用する犬や皮膚がデリケートな犬におすすめ。皮膚の様子を観察しながら、もっとしっかり虫除け効果がほしい時は徐々にヒバ油の量を増やしていってください。

ヒバ油スプレーの使い方

お散歩の前に愛犬の体にシュッシュッとかけてあげる虫除け以外にも、ヒバ油スプレーには使い道があります。

✔お散歩前に虫除けに
✔お散歩後のケア用
✔ブラッシング用スプレー

お散歩前の虫除けスプレーとして使用する際に、いくつかの注意点があります。ヒバ油は香りが強い油になります。水で薄めていても嗅覚の優れている犬には刺激になるため、顔にはスプレーしないようにしましょう。

そしてアレルギーがでてしまう可能性もあるので、始めて使用する際はごく少量で皮膚の様子をしっかり観察してください。保存に関しては直射日光をさけ、風通しの良い場所で2週間くらいで使い切るようにしましょう。

また個体差はあるものの、ヒバ油は外耳炎や皮膚炎にも効果がるといわれているので、お散歩から帰った時に肉球を拭いたり、体を拭くときのスプレーとしても使用することができます。ブラッシング用のスプレーとして使用していたところ、皮膚の赤みや痒みが治ってきたというケースもあるので皮膚炎で悩んでいるワンちゃんにもおすすめです。

アロマスプレーの作り方

アロマの道具と犬

植物から抽出された香りで心や身体を癒してくれるアロマテラピー。虫除け効果のあるアロマオイルで犬用の虫除けを作る方法もあります。

✔レモングラス
✔ミント
✔ラベンダー 
✔ユーカリ
✔ゼラニウム
✔シトロネラ

これらは虫除け効果のあるアロマオイルです。愛犬に香りの好き嫌いがあると思うので、好みの香りのオイルを選んであげましょう。

材料

✔お好みのアロマオイル
✔精製水
✔無水エタノール
✔スプレーボトル

ヒバ油同様、全ての材料をスプレーボトルに入れてよく振って出来上がりです。分量は精製水が57ml、無水エタノールが3mlに対してお好みのアロマオイルを2、3滴。お散歩の前に愛犬の体にスプレーしてあげましょう。ヒバ油同様、アレルギー反応が出る可能性があるので初めて使う時はごく少量にして愛犬の様子をしっかり見ておきましょう。こちらも2週間ほどを目安に使い切ってください。

こちらの材料では水道水の代わりに精製水と無水エタノールを使用していますが水道水でも構いません。もちろんヒバ油スプレーに精製水と無水エタノールを使用しても大丈夫です。

精製水と無水エタノールを使用することで、オイルが溶けやすくなり腐敗しづらくしてくれるようです。個人的にはせっかく天然の物で手作りをしているのなら、簡単に作れるものですし、小まめに作り直すことも考えると水道水で良い気がします。

まとめ

黄色いお花の中で蝶と戯れる犬

手作りの虫除けは作り方がとっても簡単で、市販の虫除けと比べるとお値段もぐっと安くなると思います。毎日使っても安心な天然素材の犬用虫除けスプレーで愛犬を色んな場所に連れて行ってあげて下さい。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ